まるたかのブログ .com

建築士をしている「たかまる」です。このブログは、アフィリエイト収益を目指して立ち上げたブログです。建築設計の案件数が減るこれからの、建築士の新しい収入源となるかを検証しています。

建築士のこれからを考えるシリーズ

【建築士の方必見】 建築設計事務所のビジネスモデルを考えてみた

ビジネスモデルを考察する理由 設計事務所のビジネスモデル 顧客主導型 価値提案型 複合型 まとめ 以前かいた、他業種(家具店)とのコラボ企画は4月からプロジェクトが始動しました。 ビジネスモデルを考察する理由 今の建設業界は社会情勢の変化によって…

建築士の将来 未来は明るい!? 年齢分布から見る建築士の未来

少子高齢化や工事件数の現象など、暗いニュースが話題になっている建築設計業界ですが、ふと思う。 本当にそうかな? 今回は、建築士の未来について、年代分布の面から考えてみました。 建築士の登録者数と年代分布 登録者数 平成17年度末時点 一級建築士…

建築士必見!! クラウドファンディングによる資金調達の可能性

クラウドファンディングにより資金調達した例を紹介します これまでの建築工事の資金調達の経路は、 公共工事 税金投入型の事業 民間工事 企業資金投入型の事業 の大きく2つに分けられると思います。 世間では、クラウドファンディングで資金を集める方法も…

1建築士は足の裏の米粒??

1級建築士の資格は「足裏の米粒」と言われます。 それは、「取らないと気持ち悪い。けど、とっても食えない。」 確かに資格を持っているだけでは仕事を受注できません。 建築業界にいる方は、一度は耳にした事があると思います。 試験勉強中のかたは、「ど…

建築士必見!! オススメの書籍「未来の年表」

今回は、建築設計の仕事に携わる方へオススメの書籍を紹介させて頂きます。 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること 河合雅司 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書) 作者: 河合雅司 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/06…

建築士必見!! オススメの情報収集法 1

建築士の皆様は、普段どのような方法で情報を仕入れていますか? 新しい技術情報やコンペ情報など、獲得しておいた方が良い情報はたくさんあります。 しかし、普段の業務等で情報収集の時間を確保する事が難しい方もいらっしゃると思います。 私は、SNSを活…

建設設計業界について考える(ゆでガエルにならないために)その2

建築設計業界について考える「その2」です。 設計業界で感じる問題点 成果物の質の低下 技術の継承 ←今回はこれを考えます。 c6amndbgr3.hatenadiary.jp 技術の継承について 現場の職人の技術の継承がうまくいっていないことは、NHKの特番で放送されるよう…

建築設計業界について考える(ゆでガエルにならない為に) その1

現在設計事務所に勤めておりますが、このままでこの業界は大丈夫かな? と感じる事が多々あります。 もしかすると「ゆでガエル理論」でゆう、熱湯寸前の状態?なのかもしれないと最近感じ始めました。 これからの設計業界がさらに良くなるために、日々の中で…

フリーランス 現場監督

フリーランスで働く という働き方が一般に知られてきた昨今ですが、現場監督でも増えてきているようです。 現場監督とは 現場監督とは、建設工事をまとめる立場にあたる技術者です。主に建設会社の社員であったり、派遣会社に登録されている方が多いようです…

理想な暮らしをするための方法を考える。

憧れている暮らしがあります。 それは、その時に気分によって住む場所を変える暮らしです。 例えば、今週は波が良さそうだから海沿いの家へ、来週は温泉に入りたいから山間部の家へ、来月は仕事の打合わせや、気になる展示会があるから都心へ。 (絵が汚くて…

里山住宅博 in TSUKUBA 2019

里山住宅博 in TSUKUBA 2019 2016年には神戸で行われたようです。 ↓ 神戸のページはこちら kobe-sumai.jp 里山住宅博 in 神戸 のイラスト コンセプト ・「全戸が里山付住宅」 ・財産としての持ち家ではなく、住まう場所としての郊外の見直し ・工務店と職人…

建築士の仕事獲得方法をかんがえる

建築設計物件の減少が懸念される昨今ですが、昨年より建築物件を確保するべく新たな取り組みを始めております。今回は、仕事獲得にのみ焦点を当てて、実際に行なっている取り組みの一つを報告させて頂きます。 仕事獲得方法について そもそも従来の仕事取得…

これ面白い 読む価値あり!

“現代の魔法使い” の愛称でお馴染みの 落合陽一さん。 彼の考え方は、斬新過ぎてビックリしたけど、普段の生活に置き換えてみるとすごく納得できる。 一番響いたところ 一番響いたところは、標準化、統一化からの卒業 多様性の世界へ です。 建築の分野で考…

建築士のこれからを考えるシリーズ

時が流れるのは早いもので、もう今年も終わろうとしています。 さて今日は、これからの建築士のあり方を考えてみます。 というのも、最近明らかに仕事が減ってきていると感じます。 なぜか? 一つの考察ですが、 今は大体の建物が建っているので、従来のよう…