建築士 まるたかのブログ .com

建築士をしている「まるたか」です。このブログは、アフィリエイト収益を目指して立ち上げたブログです。建築設計の案件数が減るこれからの、建築士の新しい収入源となるかを検証しています。

里山住宅博 in TSUKUBA 2019

里山住宅博 in TSUKUBA 2019 

f:id:c6amndbgr3:20180120234230j:plain

 

2016年には神戸で行われたようです。

↓ 神戸のページはこちら

kobe-sumai.jp

f:id:c6amndbgr3:20180120234503j:plain

里山住宅博 in 神戸 のイラスト

コンセプト

・「全戸が里山付住宅」

・財産としての持ち家ではなく、住まう場所としての郊外の見直し

・工務店と職人さんの技術を結集した、「木の家のベストセレクション」

 

 

 応募された工務店がモデルハウスを建てて、それを展示するようです。そして、お客様が気に入った場合は、購入可能なようです。

 

 東京へ、つくばエクスプレスで1時間かからない「つくば」は場所としてうってつけですね。

「つくば」は、研究学園都市として整備された比較的新しい街です。

実験的な建物や、住宅団地、県営住宅もあり、歴史的に実験的な試みがされている過去があります。都市の文化ともマッチしています。

 

設計コンペ開催されます!

 詳細は、現在運営事務局に問い合わせ中です。

どうやら、設計のコンペを行い、工務店に採用されることが可能なようです。

設計事務所の技術や設計力をアピールするチャンスですね。

 

関係者がすごい!

 住宅博を主導するのは、下記のメンバーです。

  • 小玉 祐一郎
  • 堀部 安嗣
  • 伊礼 智
  • 田瀬 理夫
  • 宇野 健一

  そうそうたるメンツです。第一線で活躍する方々です。

 

 

今後の可能性を考える

つくばエキスプレスがあるので、つくばでつくばで実施されたと思いますが、通勤の問題さえクリアできれば、さらに郊外の街でも同じ計画ができそうだと考えています。

都市の人口集中、地方の過疎化の問題を解決する方法になるかもしれません。

 

解決案を考えてみた

  1. 自動運転による「無人シャトルバス」で都市部のターミナル駅まで直結する。
  2. 郊外に複数企業が使用できるサテライトオフォスを誘致して、都市部の会社に行かなくても仕事ができる環境にする。

  1.について)

  バス内にwifiや映画を見れるようにしておいて、移動の時間を無駄にしない空間にすることができれば、時間がかかることをメリットにできると考えます。

  ・2について)

  本社に勤務せずに、郊外に用意されたサテライトオフィスで仕事することができれば、住む場所を選ばすに都市部の企業に出勤可能です。(業種が限定されるかな?)

2020年には5Gが実用化されるのも追い風となるでしょう。

 

 

今は、まさに時代の変わり目だと感じています。

一番大きな変わり目は、人工知能やロボティクスの進化であると思います。

AIに職を奪われるなどという方もいらっしゃいますが、私はそれらと共存していくことで、私たちの暮らしがさらに豊かになると思っています。  

インターネットのように、急速に普及するでしょうね。

 そんな未来に「建築士は何を提案していくのか」「未来にどのように順応していくのか」

建築士はそれぞれ考えていく必要があると感じた今日この頃です。

 

興味のある建築士の皆様、ぜひコンペに参加しましょう!!

問い合わせをいただければ、現地の写真等の情報をお送りします。

 

↓↓コチラもおすすめ↓↓

www.arch-memo.com

建築士の実務で勘違いしやすくて、知っていたら楽になる情報をまとめたブログです。 

日々更新しています。