建築士 まるたかのブログ .com

建築士をしている「まるたか」です。このブログは、アフィリエイト収益を目指して立ち上げたブログです。建築設計の案件数が減るこれからの、建築士の新しい収入源となるかを検証しています。

今の設計業界に満足してる?? ゆでガエルにならない為に 建築設計業界について考える1

現在設計事務所に勤めておりますが、このままでこの業界は大丈夫かな?

と感じる事が多々あります。

 

もしかすると

ゆでガエル理論」で例えると、熱湯寸前の状態

なのかもしれないと最近感じ始めました。

 

これからの設計業界がさらに良くなるために、日々の中で感じる問題について考えて、さらに良くなる方法を私なりに考えてみました。

 

私の事務所や私の周りの事務所だけかもしれませんので、

全ての設計事務所に当てはまるとは限りませんのでご注意ください。

f:id:c6amndbgr3:20180318085653p:plain

 

問題点について

1・成果物の質の低下
2・技術継承

の大きく2つが考えられます。

 

 

今回は「1 成果物の質の低下」について考えてみます。

 

成果物の質の低下について

建築設計における成果物とは

建築設計における成果物とは、設計図や積算調書などを指します。

これらの質の低下が問題であると感じます。

 

図面・積算調書の不整合とは?

建築設計では、多くの図面を作成します。

 

敷地図、配置図、平面図、立面図、断面図、建具や家具などの図面、機械設備図、電気設備図、構造図などなど・・・。

 

全ての図面が連動して、設計図として機能します。

 

実際には実現できない図面が描かれている。

足場が立てられないほど、敷地いっぱいに建物が計画されていたり、

既存の建屋に干渉する位置に新築棟が計画されている。など 

 

稀ですが、監理業務で経験した事があります。

(計画変更や打ち合わせの対応で、本当に大変でした。)

 

 

以上の問題を抱えたまま発注され、工事が始まってしまうケースがあります。

 

文字が異なる程度であれば、

図面を確認しながら「これは誤記かな?」などの判断がつきますが、

図面それぞれで内容が違う場合は、判断に多くの時間を割く必要が出てきます。

 

建設現場の現場監督さんの現状は、特に過酷です。

 

www.arch-joho.com

以外に知らない現場監督の実情 フリーランス 現場監督


 

 図面に不整合が多いと、それらの解読に時間を要する事になり、

肝心の建設物をさらに良くするための検討する時間を奪うことにつながり、本来するべき現場監督さんの仕事の時間を割く事になってしまいます。

 

 これは全くの無駄な時間であって、納品前に整理されていなければなりません。

 

お施主様にとって、全くの不利益です。改善しなければなりません。

 

なぜそのようなことがおきるのか?(原因の考察)

このような事が起きる原因として、人材の不足が考えられます。

 

人材の不足といっても、設計スタッフが不足しているということではありません。

設計技術があるスタッフが少なくなっているということです。

 

年々設計事務所の業務報酬は減ってきているように感じます。

 

スタッフを抱える事務所は、一定量の仕事を確保しないと事務所を維持する事ができません。

 

一件あたりの報酬が減るにも関わらず仕事量は増える事から、

どうしても技術が足りないスタッフにも業務をさせざるをおえない状況ができます。

 

そして、欠陥のある図面が、チェックをされる事なく納品・発注されます。

これを私は「負のループ」と呼んでいます。

 

f:id:c6amndbgr3:20180203214940p:plain

負のループ

このままでは、設計事務所がよくなるはずがありません。

ますます設計従事者の賃金が下がり建築士の立場も低くなっていくことでしょう。

 

 

解決法について考える

業務報酬の単価を上げようにも、建設需要が減る昨今では難しいでしょう。

従来のビジネスモデルでは、間違いなく先細りします。

厳しい状況から脱却することは困難です。

 

新し価値を生み出す動きが不可欠です。 


 

今回は、質の向上を図るために、事務所内でできることを考えてみます。

 

設計技術のあるスタッフの時間を確保させる事が必要であると考えます。

 

これは一人当たりの生産性を上げるということです。

空いた時間に他の教養を深めることなども含みます。

 

時間を確保するために

機械に任せられることは機械に任せる

BIMを利用すれば、図面間の不整合は防げます。

また、コンピューターに不整合を検証させることで図面チェックの時間を短縮できます。

(まだ、実用化されているソフトはありませんが、知り合いのSEに聞いたところ実現可能であるようです。)

 

できる限りマニュアル化する

案件の度に、

整理用の書類や打合せ資料の様式を含め最初から作成する方がいます。

 

この様式をマニュアル化して統一すればその分の時間が短縮できます。

(詳しくは改めてご報告します。)

 

 

技術や経験の共有

これは、「2 技術の継承」にもつながりますが、長年で培った技術が次の世代に受け継がれないという問題です。

(詳しくは改めて報告します。)

 

まとめ 

設計業界をさらに発展させるためには、今対応して少しずつ修正していかなければなりません。

 

業界をアップデートできるのは今です。

 

 ゆでガエルにならないために建設設計業界について考える2へ

 

 

★☆☆

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人

 

「まるたか」についてはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

 

 

↓↓コチラもおすすめ↓↓

www.arch-memo.com

建築士の実務で勘違いしやすくて、知っていたら楽になる情報をまとめたブログです。 

日々更新しています。