建築士 まるたかのブログ .com

建築士をしている「まるたか」です。このブログは、アフィリエイト収益を目指して立ち上げたブログです。建築設計の案件数が減るこれからの、建築士の新しい収入源となるかを検証しています。

1建築士は足の裏の米粒?? 建築士の将来が明るいと思うのは私だけ??

1級建築士は足の裏の米粒?? 

1級建築士の資格は「足裏の米粒」と言われます。

 

 

「取らないと気持ち悪い。けど、とっても食えない。」

という状況から、このような表現をされます。

建築業界にいる方は、一度は耳にした事があると思います。

 

確かに資格を持っているだけでは仕事を受注できません。

 

 

建築士試験の勉強中のかたは、

「どうせ受かっても仕事無いし・・。」

などと考えてしまい、ついついペースダウンしてしまった・・・

という経験がある方はいらっしゃいませんか?

 

この言葉は、

建築士の意識や志を潰す「ドリームキラー」です。

 

 

私自身もその話を聞いた時、将来が不安になってしまい、

このまま建築士を続けるべきかと考えてしまう事がありました。

 

不安を確かめるため、

多くの書籍を読んだり、人の話を聞いたり、データを調査をしました。

 

 

今はこう思います。

 

「自分の足の裏に付いた米粒なら食える。」

「1級建築士があった方が、絶対いい!!」

 

今回はその理由をかきます。

このブログを読んだ方が、前向きに建築士の仕事や資格試験の勉強に

取り組んで頂けたらうれしいです。 

f:id:c6amndbgr3:20180206013211j:plain

 

 

 

 

理由1 年齢構成の変化

実は、今後10〜20年で建築士の年齢構成が大きく変わります。

今まで大きな割合を占めていた世代が入れ替わります。

 

www.arch-joho.com

 

50歳代〜60歳代以上が全体の64%を占めています。

20歳代〜30歳代は全体の30%程度です。

 

 つまり、あと10〜20年すると、一級建築士の2/3が60歳を越えることになります。20歳〜30歳代の稀少性が格段に高くなります。

 

 日本自体、少子高齢化社会へと向かっておりいわゆる「働く世代」が格段に少なくなります。

若者の負担が増えるなどの暗いニュースが飛び交っていますが、

若者の希少価値は間違いなく上がります。(需要と供給のバランスで)

 

 

理由2 社会的信用 建築スペシャリストの代名詞

今後の仕事は、様々な業種の方と協力するプロジェクトが増えます。

 

他企業の方が「一級建築士」と「二級建築士」という肩書きを見て

どちらと仕事をしたいと思うか。

 

と考えた時、

 

私は「一級建築士」が選ばれる可能性が断然高いと思います。

(実際、1級建築士を持っていても仕事ができない方がいるのも事実です。)

 

大事なのは、

肩書きがあること。

選ばれる確率が上がること。

 

であると私は考えます。

 

  

 

理由3 採用の募集要件に多い

 

中途採用の要件に、1級建築士がある企業が多いです。

 

建築業界では最高峰の資格であることから、設計事務所、ゼネコン、官公庁など受け皿が格段に広くなります。

 

私が特に注目しているのは、ベンチャー企業や新しい取り組みを始めている会社では圧倒的に1級建築士を推奨要件にしている事が多いと感じます。

 

YADOKARI株式会社

yadokari.net

 

これからの「豊かさ」はなにか。

をコンセプトに、タイニーハウスなどの新しいライフスタイルの提案をおこなっている会社です。

 

面白い会社だなと思い、昨年からチェックさせていただいております。

スポットの契約形態になるのでしょうが、このような募集をしている会社は非常に多いです。

 

1級建築士は、新しい動きに参加するために絶対有利です。

 

 

 2018年6月22日 追記

高度成長期の「建設ラッシュ」に建てられた建物が、

老朽化する年代がやってきます。

今後訪れる「解体ラッシュ」について書いた記事です。

www.arch-joho.com

今後、 解体設計の案件が確実に増えます。

要チェックです!

 

 

まとめ

これからますます世の中の変化が進みます。

そして、変化のスピードも加速していきます。

 

それは、私たち設計の分野でも同じです。

 

「今まで必要であったものが将来は不要になる。」

「今まで不要であったものが将来必要になる。」 

今後この言葉を身をもって体験する機会が増えることでしょう。

 

 

未来がどうなるかは誰にもわかりません。

いつチャンスがやってくるかもわかりません。

 

ですので、

持っていることで有利になる肩書き(1級建築士)は絶対にとった方が良い。

 

「自分の足の裏に付いた米粒は食える。」

 

 

ライバルを潰そうとする人たちの嘘に騙されてはいけません。

一緒に頑張りましょう!! 

  

 

★☆☆

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人

 

「まるたか」についてはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

 

 

一級建築士を取るための方法 一級建築士試験カテゴリーの記事一覧