建築士 まるたかのブログ .com

建築士をしている「まるたか」です。このブログは、アフィリエイト収益を目指して立ち上げたブログです。建築設計の案件数が減るこれからの、建築士の新しい収入源となるかを検証しています。

建築士必見!! クラウドファンディングによる資金調達の可能性

f:id:c6amndbgr3:20180318084444p:plain

クラウドファンディングにより資金調達した例を紹介します

これまでの建築工事の資金調達の経路は、

  1. 公共工事 税金投入型の事業
  2. 民間工事 企業資金投入型の事業

の大きく2つに分けられると思います。

 

世間では、クラウドファンディングで資金を集める方法も一般的になってきていますが、建築工事には現実味が無いなと感じていました。

しかし、隈研吾さんが計画に参加している「一条高校 新講堂建設」で新しい資金確保の可能性を感じさせる事例がありましたので記事にしました。

一条高校 新講堂建設計画とは

 2020年に創立70周年を迎える奈良市立一条高校。

創立70周年事業として、築年数60年となる、講堂を耐震改修を兼ねた改築事業を実施されます。
設計は、新国立競技場、根津美術館、歌舞伎座などの設計を手がけた隈研吾さんです。
 
一条高校は、初の民間校長でおなじみの藤原和博さんです。
「よのなか科」などの、生徒参加型の面白そうな授業を取り入れています。
今回の計画でも、生徒と一緒にアイデアを考え出す取り組みをしています。
 
↓参考URLです。

 

 
こんな授業を受けられる生徒は本当に羨ましい!
 

計画案の概要

 
構  造:鉄骨造
階  数:2階建て
延べ面積:約1400m2
 
外観のデザインは、生徒が身につけている副章のモチーフであるコロンブスのサンタマリア号の舳先をイメージしているそうです。
建物の外観やロビーの天井などには、県産材のスギ材を採用しています。
隈さんは、「奈良のスギは目が綺麗に通っていて、素直で美しい。ファンになりました。」と語っています。
 

全国から応援者を募る取り組み

この計画で注目すべき点は、外部からの資金を募っている点であると思います。

新講堂のスポンサーを募集しておりまして、1席5万円で寄付を募り、設計費用や音響などの設備に充てるとされています。

第一号は、はるな愛さんです。

 

 

その他でも、

  • 個人でも、1口1000円から募金に参加することが可能
  • 法人寄付100口(10万円)以上は、寄付者名簿に掲載
  • 500,000口(5億円)以上は、講堂名称に名前を冠することができる

 

 この一条高校の取り組みには、非常に魅力これからの可能性を感じます。

生徒と一緒になってアイデアを出し合って計画したプロジェクトである魅力と、一般から募金という形で支援を募る新しい建築行為の可能性。

いづれも、これからの建築士の仕事の可能性を感じる事例です。

 

建築行為の応援者を募り建築費を捻出する取り組み

近い将来もっと広がることでしょう。資金難が予想される昨今、公共工事でも一般的になるかも?しれません。

 

↓↓コチラもおすすめ↓↓

www.arch-memo.com

建築士の実務で勘違いしやすくて、知っていたら楽になる情報をまとめたブログです。 

日々更新しています。