建築士 まるたかのブログ .com

建築士をしている「まるたか」です。このブログは、アフィリエイト収益を目指して立ち上げたブログです。建築設計の案件数が減るこれからの、建築士の新しい収入源となるかを検証しています。

知らなかったらNG! ブログ運営にオススメ 自動ライティングソフト 「Writers Box」

このサービスに1円も払ってはいけません。あなたが納得するまでは・・・

 

「ブログは難しくないんです。ちょっとしたコツを皆さん知らないだけなんです!」

 

初めまして、まるたかです。

↓↓「まるたか」についてはこちらをご覧下さい。↓↓

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

 


私は、3つのブログを運営しています。  

 

 

しかし、鳴かず飛ばずの状態で1日のPV数が200PV程度の状態が続いていました。

少しずつPV数が上がってきていますが、3000PV程度を行き来していて

決してうまくいっているとはいえませんでした。

 

もともとは、自己満足で始めたブログですが、

見られないブログでは意味がありません

 

もっと多くの人に見てもらいたい!

うまくいかないのはなぜか??

うまくいっている人と何が違うのか??

 

 

そんな思考錯誤を続けているうちに

うまくいかないには、

明確な理由があることに気づきました。

 

 

 

 

今回はその試行錯誤の過程でわかった

うまくいっているブログの秘密を公開します。 

 

 

 

 

 

私がブログを書く理由

 

私は建築士として設計事務所に勤務しています。

 

私は建築設計が大好きです。

 

しかし、

社会情勢の変化によりこれまで通りの形態で続けることができるのか?? 

 

今こそ建築士の仕事をアップデートする時ではないか

その取り組みの一歩目としてブログを運営しています。

 

ブログを運営する理由 知識の継承・共有 

建築の仕事は、設計に限らず経験がものをいいます。

 

通常の新入社員から流れは、

1年目〜2年目 雑用・先輩の手伝い 

3年目〜    先輩の指導のもと設計・監理の補助  

という流れが一般的です。 

 

先輩の手伝いをする過程で、設計の知識を得ていきます。

 

感じる問題点 

あたる業務によって、知識に差が出る 

教えてくれる先輩ばかりでは無い。 

  

どうしても先輩や会社の傾向に左右される傾向があります。

 

世の中全体で見たら様々な仕事や建築士がいますので、

視野を広げれば、世の中全体で学ぶことができます。

 

これまでは、

知識や情報を持った人と持っていない人との知識の差を優位性として

価値が上がるという構図でした。 

 

 

業界規模が小さくなる昨今、

会社や組織を飛び越えられないか?? 

 

会社や組織単位で、知識の争いをしていてもしょうがなくない?

 

それぞれの知識を世の中に公開・共有して業界自体のレベルアップした方が得じゃない?? 

  などと考えるようになりました。

 

逆に盛り上がっている業界といえば、

IT業界です。

 

なぜIT業界が盛り上がっているのか?

 

それを考えました。

 

IT業界が盛り上がる理由

IT業界が盛り上がっている背景には、

需要があるという理由の他に、

「オープンイノベーション」という考え方がポイントであると捉えています。 

 

オープンイノベーションとは、

その名の通り、技術を公開してその技術をみんなで高めていこうという考え方が根本にあります。

 

 

新しいサービスや技術がどんどん発表され、

そしてそれをさらに良くした技術が生まれる上向きなループが起きています。 

 

この考え方を建築設計の業界に取り入れられないか? 

技術や経験を手軽に公開できる場がないか?

 

それが、ブログを始めた理由の1つです。 

 

みんなが知識や技術を公開し共有し合うことが一般的になれば、

そこから知識を得た新入社員は、

今までは「0」からはじまっていたところが、

「2」とか「3」からはじめることができるようになるかもしれません。

 

今まででは思いつかなかったような新しいことを思いつくかもしれないし、

業界全体のレベルが上がることに繋がると信じています。

 

 

それでは、本題に戻ります。

 

 

成功するブログの大事なことを4つお話しします。

成功しているブログには、4つの共通点があることがわかりました。 

 

1.タイトルや見出しの付け方

2.反響を得やすい当たり記事(感覚)を掴んでいる

3.検索エンジンに認識される過程を熟知している

4.ライティングスキル

 

 全てのブログが全く同じではありませんが、この4つはどの運営者の方も実践され英ます。

 

1〜3は、記事数を重ねたり勉強してゆくことで、なんとなく感覚をつかめます。

 

しかし、

4のライティングスキルを獲得することは難しいです。

 

文章の構成や、装飾、図や写真の挿入などのポイントがあります。

PV数を集めるブログは、

読んでいる人を文章に引き込むことが非常にうまいです。

 

このような人を引き込む文章を書くためには文章センスが必要です。

 

 

残念ながら、私には文章センスがありませんでした。

 

 

そんな時に出会ったのが、「Writers Box(ライターズボックス)」です。

セールスレター執筆を劇的進化させる業務高速ツール「WritersBox(ライターズボックス)」

 

文章センスの無い私は、文章センスを補うため、

またライティングスキルを向上させるために、「Writers Box(ライターズボックス)」を活用しています。

 

実は、

この文章も

「Writers Box(ライターズボックス)」を活用しています。

 

 

ライティングスキルを高める方法

Writers Boxとは

 

ライターズボックスとは、

セールスライティングに取り組んでいる方へ向けた

「セールスライター専用の執筆高速化ツール」です。

 

writersbox.com

 

セールスレターの執筆などにも多く利用されているようです。

サイト内には、利用者の方々の感想も多く紹介されているので是非ご覧下さい。

 

料金は、無料版と有料版があります。

有料版は、3、980円/月で利用できます。

 

私は、現在無料版を利用しています。

(少し様子を見てから、有料版へ切り替えようと考えています。)

 

ログインもgoogleアカウントからできるので簡単です!!

 

Writers Boxのすごいところ

テンプレートが良い 文章構成が簡単!!

 

f:id:c6amndbgr3:20180525142020p:plain

これは、ログインした自分のページです。

 

ちょうどテンプレートを選んでいる時の画面です。

 

 

「白紙」や「ショートフォーム」「スタンダートフォーム」「ロングフォーム」

など、目的に合わせて構成を選ぶことができます。

 

f:id:c6amndbgr3:20180525142201p:plain

「ヘッドライン」「見出し」「ボディ」など ブロック分けされています。

 

文章の構成はこの通りに書いていけば、それらしい文章を書くことができます。

 

 さらに凄いにことは、記事が用意されていることです。

 

もちろん直接入力することもできますし、

記事(案)の中から、かきたい内容に近いものを選ぶこともできます。

f:id:c6amndbgr3:20180525142437p:plain

 

しかも、「ヘッドライン」「見出し」

それぞれに相応しい記事(案)が用意されています。

 

 

f:id:c6amndbgr3:20180525142556p:plain

 

f:id:c6amndbgr3:20180525142615p:plain

 

数字やキーワードだけを修正すれば、簡単に書きたい文章を構成することができます。

 

セールスレターやブログ以外の使い方もあるかもしれません!

 

このサービスを今後も使っていきたいと思います。

 

皆様も是非使って見てください!!