建築士 まるたかのブログ .com

建築士をしている「まるたか」です。このブログは、アフィリエイト収益を目指して立ち上げたブログです。建築設計の案件数が減るこれからの、建築士の新しい収入源となるかを検証しています。

建築士 定年後のススメ  定年される建築士の先輩方へお願いしたいこと

こんにちは 「まるたか」です。

↓↓「まるたか」についてはこちらをご覧下さい。↓↓

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

 

 

f:id:c6amndbgr3:20180605002324j:plain

建築士の高齢化が進んでいます。

これは、建築士に限ったことではありません。

 

建築士の将来 未来は明るい!? 年齢分布から見る建築士の未来 - 建築士 まるたかのブログ .com

 

 

建築士の高齢化は、年齢分布を見ると一目瞭然です。

 

 

建築士の登録者数と年代分布

登録者数

平成17年度末時点

一級建築士:322,248名

二級建築士:692,968名

木造建築士:  14,950名

一級建築士の年齢階層別登録数

20歳代 :約    2,000人

30歳代 :約  47,000人

40歳代 :約  66,000人

50歳代 :約101,000人

60歳以上:約106,000人

平均年齢 56.2

f:id:c6amndbgr3:20180214221746j:plain

グラフからみて解るように、50歳代〜60歳代以上が全体の64%を占めています。

20歳代〜30歳代は全体の30%程度です。

 

今後10〜20年以内に、約20万人の建築士が定年を迎える年齢となります。

 

 

私達の先輩方へ

この年代の方々は、全身全霊を込めて、

より良い建物を生み出すため建築に携わって来られました。

 

 

私たち若手建築士の今日があるのも

全て先輩達の作り上げて来られた努力の結晶です。

 

 

 

先輩方へこんなことを話すことは大変恐縮なのですが、

もう少しだけ皆様のお力を貸していただきたいのです。

 

私が皆様にお願いしたいことは、ブログです。

 

 

皆様の経験をブログに載せてで発信して、

私たち若手建築士へ教示頂きたいのです。 

f:id:c6amndbgr3:20180605002405j:plain

 

 

ブログと聞くと敬遠する方も多いと思いますが、

まずは理由をご覧下さい。

 

ブログをお願いする理由

技術の継承

皆様は、これまで様々な経験をされてきました。

その経験は、参考書や学校では決して学べない貴重なものです。

 

もしかすると、セオリーではないが実は理にかなっていることもあることでしょう。

これは、技術面や精神面も含みます。

 

私にとって、そのような経験をお持ちの皆様は、羨ましくかつ、まばゆい存在です。

 

このような貴重な経験を私達若手へ教示して頂きたいのです。

 

 

発信対象が世界

これまでは、教えられる対象が事務所単位出会ったり各建築士会など、

小さな範囲でしか困難でした。

 

しかし、現在はインターネットやSNSで世界へ発信が可能です。

 

約30万人の建築士へワンクリック!で発信ができます。

 

 

いつでもどこでも書ける。読める。

ブログは、パソコンやスマートフォンがあればどこでも書けますし、どこでも閲覧することが可能です。

 

通信網が発達する昨今では、日本のほとんどがカバーされています。

 

スマホネイティブとされる新人建築士との親和性も高いです

 

 

収入が得られる

ブログを始める方が増えていますが、

始める理由で最も多いのが、副業目的です。

 

ブログは収入を得られるのです。

 

このブログもそうですが、google AdSense により広告収入を得ています。

 

「錬金術」ということばがありますが、

「皆様の貴重な経験」「お金」に変わるまさに「錬金術」です。

 

 

 

さいごに

これらの理由から定年される建築士の皆様へ「ブログ」をオススメ致します。

 

建築業界を盛り上げるためには皆様の力が絶対必要です

 

「建築業界を盛り上げるために」

「皆様の貴重な経験を無駄にしないために」

是非お力をお貸しください。

 

 

ブログの始め方

ブログを始めるまでの過程は、正直少しめんど臭さいです。

 

しかし、最近では多くの「How  to記事」が公開されているので、

記事を見ながら進めれば簡単に始めることができます。