建築士× (カケル)

建築士をしている「まるたか」です。このブログは、アフィリエイト収益を目指して立ち上げたブログです。建築設計の案件数が減るこれからの、建築士の新しい収入源となるかを検証しています。

勝手にこれからの住宅を考えるシリーズ

https://www.instagram.com/p/BbEE4iRha-S/

↑茨城県大洗 某サーフポイント

 

現在は、築20年を超える物件で、間取りは3DK、家賃6万円の妻と賃貸アパートに暮らしている。
です。

23歳から一人暮らしをしており、26歳の時に結婚し同棲を始めた。

27歳の時に周りの進めから一戸建てが欲しいと思い、住宅展示場を見て回った。
モデルルームにいくとすぐに、見積もりとローンシミュレーションが出され、私の良いなと思った家は、2200万円であった。
対面キッチンに広いリビングがあり、親などの来客時に使用できる和室がる総2階建の木造住宅だった。

月々8万円でボーナス時の支払いが、15万円(多分)の30年ローン、支払い完了が67歳・・・・・
とても自分には無理だと思い諦めました。

それから月日がたち、仕事を介して多くの建築に関する知識を得ました。
家の断熱・気密性能が住む人の健康に与える影響や、ランニングコストに差が出ること。
部屋の大きさやかたちにより建設費用に差が出ること。

今思えばあの時家を買わなくてよかったと心の底から思います。
買っていたら、今頃ローン地獄の中生きていたでしょうね。

私にフィットする間取り5つの項目

1・和室はいらない

  年に数度しかこない来客用の部屋は、不要です。

2・浴槽はいらない

  私達夫婦は、ほとんどがシャワーで済ませます。
  しかし、湯船に浸かりたい時はあります。そんな時は、  
  近所の大浴場を利用しています。家を持ってもそれで十分。

3・ホームパーティーができる程のリビングはいらない。

  最近の流行りなのでしょうか、20畳を超えるリビングが多く見られます。
  私たちはホームパーティーをしないので不要です。
  ホームパーティーをする時は、広い家をもつ友達の家でやります。

4・性能はしっかり

  不要な部屋や大きさを除いて抑えた費用分で、断熱性能や窓等の
  家の性能に関わるところへかけます。
  断熱性能をあげるとその分費用はかかりますが、光熱費は驚くほど下がります。
  また、住宅のハウスダストが起因とされるアレルギー等の疾患が低減されます。

 

私には、小さい家が合う。

湯船や和室のある家は、お金持ちになったら? 改めて購入することにします。
年収が劇的に上がることも考えにくいし、ローンに縛られない生き方の方が私にはあっている。

 

★☆☆☆☆☆☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人 「まるたか」

 

↓「まるたか」について詳しくはこちらをご覧下さい。

このブログについて 「建築士の挑戦」

★「職人」から「建築士」へ 異色の経歴を持つ建築士

2018年10月に設計事務所「 Samurai-architect(サムライ-アーキテクト)」を開設

退職〜開業までの記録を綴った「起業の記録シリーズ」 を公開中。

「まるたかのブログ」にて実務以外の情報を発信中。

 

ブログ記事の更新はsamurai architectの「 Facebookページ」にてお知らせしていますのでフォローをお願いします。

 

【このブログの人気シリーズ】