建築士 まるたかのブログ .com

建築士をしている「まるたか」です。このブログは、アフィリエイト収益を目指して立ち上げたブログです。建築設計の案件数が減るこれからの、建築士の新しい収入源となるかを検証しています。

VectorWorksからUE4へ移行する方法 Unreal Engine奮闘記① 

Unreal Engine奮闘記①

f:id:c6amndbgr3:20180312222209p:plain

 

 

今日の目標

UnrealEngineへモデルを読み込む 

私がいつもCGパース作成に使用しているCADソフトは、「VectorWorks」です。

VectorWorksのモデリングに慣れているので、VectorWorksから取り込みたいと考えました。

きっと、建築設計事務所やインテリア事務所の方で、VectorWorksを使用している方は多いと思います。

「3DS Max」からは、直接取り込みができるみたいです。

googleで検索しても、「VectorWorks」から「UnrealEngine」へ読み込んでいる例が無く、手探りの状態で試みました。

 

使用ソフト

  • VectorWorks2018
  • Unreal Engine4.19
Vectorworks Architect 2018 スタンドアロン版

Vectorworks Architect 2018 スタンドアロン版

 

 

参考図書

UnrealEngine4 建築ビジュアライゼーション

 この本は、3dsMaxを使用されている方を対象に書かれた本のようです。UnrealEngineの使い方の基本が書かれていたので購入しました。UnrealEngineの構成や基本操作を理解するのに役立ちました。

 使用するPCのスペック

OS:windows10

マザーボード:Intel Z370 CHIPSET

CPU:i7 8700K (3.7 GHz)

HDD:SSD 640GB  + 2TB HDD

GPC:GTX 1070Ti (8GB)

メモリ:DDR4 SDRAM 16GB (8GB *2)

 

1・VectorWorksから「FBX」ファイルへ書き出し

モデルは、以前VectorWorksでプレゼン用パースを作成するためにモデリングした物件のデータを使用しました。

外観と内観までモデリングされています。

VectorWorksのメニューバーより「書き出し」で「FBX」ファイルへ書き出します。

 

UnrealEngineは、「FBX」と「OBJ」ファイルが読み込み可能なようです。

 

UnrealEngineへFBXファイルの読み込み

書き出しされたFBXファイルをUnrealEngineへ取り込みます。

 

f:id:c6amndbgr3:20180312011902j:plain

f:id:c6amndbgr3:20180312011915j:plain

上の2枚の画像は、モデルの中を歩いている様子のものです。

 

今日作業してみた感想は、使い方がすごく難しいです。慣れないです。

特にテクスチャーの色や質感の設定がよく分かりませんでした。他にもブループリントやカメラの設定など課題は山積みです。

 

しかし、今日の目標である「UnrealEngineへモデルを読み込む」ことはクリアしました。

VectorWorksから取り込みができるか半信半疑でしたが、可能であることが分かってホッとしました。

 

今日のまとめ

  • VectorWorksでモデリングしたデータをUnrealEngineへ読み込み可能
  • UnrealEngineへ読み込めるデータは、「FBX」「OBJ」

 

これから、さらに使い方を覚えてUnrealEngineの機能をもっと使えるようになりたいです。

UnrealEngineのポテンシャルは、展示会や講習会で目の当たりにしているので、

もっと臨場感のあるものができると思います。 

 

UnrealEngine(アンリアルエンジン)は、必要なスペックのパソコンさえあれば簡単にはじめられます。

建築ビジュアライゼーション始めるならこれ一択!! ドスパラ  ガレリアZV

 

 

今後も経過を報告していきます。

一緒に頑張りましょう!! 

 

 

★☆☆

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人

 

「まるたか」についてはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

 

 

↓私が日々参考にしている書籍はこちらです。