建築士 まるたかのブログ .com

建築士をしている「まるたか」です。このブログは、アフィリエイト収益を目指して立ち上げたブログです。建築設計の案件数が減るこれからの、建築士の新しい収入源となるかを検証しています。

これからのキーワードは「時短」!? 住まいの「付加価値」について考える

これからの住まいのキーワードは「時短」!? 

住まいの「付加価値」について考える!

f:id:c6amndbgr3:20180817001052j:plain

住宅広告にはキャッチコピーがつけられます。

これは、各メーカーが多額の費用を費やして行ったマーケティングにより

世の中のニーズを汲み取ったもので、お客様の注目を集めることが目的です。

 

10年位前は、「デザイナー住宅」「超低価格住宅」

数年前から良くみられるのが、「高断熱高気密住宅」「ZEH住宅」

 

「付加価値を付ける為」「他社との差別化を図る為」に、各社切磋琢磨してきた結果、年々住宅のレベルが上がってきた背景があります。

 

温熱環境も重視しながら、デザインも良く「安かろう悪かろう」では無い、適切な工事費に見合った家を求めるお客様が増えていると

某ハウスメーカー営業の知人が話していました。

 

この流れは、建築に携わる者としては嬉しい流れです。

本当に良いものだけが残り、悪いものは淘汰される時代に突入しています。

 

今後、住宅設計を生業とする事業者は

「今後少なくなる住宅案件を、既存のハウスメーカーが取り合う」という

住宅戦国時代」を生きていかなければなりません。

 

今回は、「住宅戦国時代」を生き抜く方法を考える一つとして

お客様の新しい価値となる「キーワード」を考えてみます。

 

f:id:c6amndbgr3:20180816223717j:plain

 

 新しい価値(=キーワード)は「時短」

新しいキーワードは「時短」であると考えています。

これは「家事に費やす時間を短くする設計」ということです。

 

共働きが一般的となり、自分の時間が確保しにくい状況があります。

「働き方改革」や「副業容認」などの時代的な背景もあり、

より時間に対する価値の認識が高まってきています。

 

「デザイン」+「温熱環境」+「時短」

がこれからの価値となると予想します。

 

その証拠に 「時短」をキーワードとした家電メーカーのコマーシャルが

最近多いと感じませんか?


〔家電シェアでゆとり〕 手洗いよりキレイ、ニオイまで洗える食洗機(TVCM30秒)【パナソニック公式】

これはパナソニックの「共働きの家族の日常を舞台としたコメーシャル」です。

この家族構成が一番多いでしょう。

 

家事を家電とシェアする」というキャッチフレーズが特徴です。

 

家電が一通り揃っている昨今では、そうそう家電を買い替えません。

 

家電や家具を買い換えるタイミングは決まっています。

① 今まで使っていたものが壊れた時

② 引っ越しや、家を建てる時

この2つのタイミングが大半を占めます。

 

私達設計者が家を計画する段階で提案したら

非常に喜ばれるでしょう。

 

高い温熱環境は標準となる将来

今後、温熱環境の標準レベルは底上げされる流れとなります。

 

これは、住宅着工数No1である「一条工務店」のスペックからわかるように

多くのお客様が求めていることが立証されたからです。

 

もしかすると、温熱環境を備えていない住宅は

お客様の選定候補にならない可能性もあります。

 

人の意識変化の特性

人の意識変化には、「現在最悪の状況に意識が集中する」という特徴があります。

f:id:c6amndbgr3:20180816232944p:plain

生活レベルが向上するに従って、求めるものも変化します。

「雨風を凌ぐ安全な住宅」

     ↓

「他と違うデザインの良いデザインを選ぶ」

     ↓

「暑い寒いの少ない家に住む。光熱費の安い家を選ぶ」

 というように、

「ある水準が普及すると次の水準に移る」

ということが、これまでの建築業界の流れから理解することができます。

 

今後の価値を予想して準備しておくことは、

他社との差別化に繋がり間違いなく武器となります。

 

「時短」を実現する方法(案)

時短を実現する設備(案)

時短を実現する設備として、

お施主様におススメすると喜ばれそうな設備を紹介します。

いまや機械と家事をシェアすることは一般的な流れです。

1・ガス乾燥機

洗濯物を干す・取り込む手間は、以外と家事の負担になっているようです。

天気を気にしなければならないし、梅雨時の部屋干しは「匂いやカビ」も気になります。

それを解決するのが「ガス乾燥機」です。

電気乾燥機よりも「よりカラっと」「より早く」仕上げることができます。

 

プロパンガスを使用しているエリアであれば、

ガス代金を抑える方法として、契約変更を勧めてあげるのも貴重な提案です。

↓  茨城県版の記事ですが、参考になるはずです。

 

2・食洗器

 食器洗いの時間を小さくすることができます。

数万円のUPで導入できるので60cm幅がおススメらしいです。

工務店さんによって価格がかわるので、確認してみて下さい。

3・自動お掃除ロボット(ルンバ)

 自動お掃除ロボットの代名詞ともいえるルンバです。

 

ルンバ以外にもお掃除ロボットは発売されています。

窓掃除用のロボットもあります。

吹き抜け上部の窓掃除に便利そうです。

 

時短を実現する間取り

家事導線に考慮した設計がより注目されると予想します。

これは、大手ハウスメーカーよりも地域のビルダーさんや設計事務所に有利な分野でしょう。

今後の動きを視野に入れて、社内に「間取りのスペシャリスト」的な技術者を育てておくのも良いかも知れません。

 

宅配ボックスが最近アツイ!

「宅配ボックス」が最近アツイ!との情報を得ました。

マンションではお馴染みの設備ですが、最近戸建住宅でも設置する方が増えているようですね。

 

再配達の手間が無くなるから、かなり便利かもね。

今度お客様に提案してみよう!

 

さいごに

以上が、これからの住宅の価値(=キーワード)が「時短」であると考える理由です。

「家事に費やす時間を減らし 家族の時間を増やす!」

これからの世の中にマッチしたキーワードだと考えています。

 

一番大切なことは、

「お客様にとって良いものはなにか?」

「お客様を幸せにする建物はなにか?」

を常に考え、それを提供することであることです。

 

時代がどんなに変わろうとも、建築士にとっては普遍的なテーマです。

 

住宅戦国時代を生き抜く為、一緒に頑張りましょう!!

 

これからも情報を発信していきます。

 

★☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人

 

「まるたか」についてはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

 

これからの住宅を考えるシリーズ カテゴリーの記事一覧 へ

建築士のこれからを考えるシリーズ カテゴリーの記事一覧へ