建築士× (カケル)

建築士をしている「まるたか」です。このブログは、アフィリエイト収益を目指して立ち上げたブログです。建築設計の案件数が減るこれからの、建築士の新しい収入源となるかを検証しています。

現場監督さん,職人さん100人に聞いた! amazonで買える現場で使えるかっこいい安全靴【ベスト5】

現場監督さん,職人さん100人に聞いた! 

現場で使えるかっこいい安全靴 ベスト5 「建築士の安全靴購入記録」

f:id:c6amndbgr3:20181220043233p:plain

 

現場にぴったりなかっこいい安全靴

結構危ない建設現場

建築士の皆様。安全靴はお持ちですか?

 

ちょっとだけだから、いつもの靴で!

とつい安易に考えているのか、革靴やスニーカーで現場に来る方を多くみます。

現場は危険な場所である認識が薄い建築士さんが多いのが実情ではないでしょうか。

 

大切な靴を汚してしまうだけで無く、自分を保護するためにも安全靴の存在は重要です。

 

私の現場事故体験記

私は、学校を卒業後配管工としてキャリアをスタートしました。

職人として現場に居たので、現場が危険な場所であることは十分理解しています。

 

私も結構ケガをしたことがあります。

ちょっとだけ、ケガの体験をお話しさせて頂きます。

【ケース1】ネジの踏み抜き

f:id:c6amndbgr3:20181220030510p:plain

綺麗に掃除していても、どうしても現場にはネジや釘が落ちてしまうものです。

 

運悪く安い釘を踏み抜いてしまったのですが、靴底を貫通して、足の裏にネジが刺さってしまったのです。

か〜なり痛かったです。

 

踏み抜き防止機能付の安全靴を履いていたら防げていたと思います。

 

かっこいい安全靴の先行基準について

前回の時計ランキングの時と同様に、

現役で働く「監督さん」「職人」さんから約半年をかけて収集したデータです。

 実は、時計と一緒に安全靴についてもデータを取っていました。

☆アンケート対象

現場で一緒に仕事をした監督さん、職人さん

☆アンケート場所

定例会議終了後、15:00のお茶の時間 など

☆アンケート期間

2017年12月〜2018年6月

安全靴に求める条件

時計に求める条件

1・シンプルでかっこいいデザイン

2・安全性

3・コストパフォーマンスが良い

と設定させて頂きました。

 

やはり一番は、「お手頃な値段現場で安全に使えること」です。

 

評価の基準

評価の基準は次のように設定しました。

1・デザイン性 ☆☆☆☆☆

2・安全性   ☆☆☆☆☆

3・コスト   ☆☆☆☆☆ 

各5点15点満点

 

 

 それでは、ランキングを見ていきましょう。

 第5位 【ウィンジョブCP601 】アシックス 

 1・デザイン性 ★★★★☆

2・安全性    ★★★★★

3・コスト    ★★☆☆☆

4・価格    15,000〜18,000円

  総合ポイント:10点

 

特に、若い監督さん・職人さんに人気があったのは「アシックス」です

派手めのネオンカラーが人気のようです。

 

ハイネックの為、くるぶしまで保護してくれるので安全面は抜群です。

何より防水機能がポイントです。 

 

価格が高いのがネックですが、たまに履く程度であれば長持ちするので、高級な一足を確保しておくのも良いですよね。

 

 第4位【フィンチ】ディアドラ 

1・デザイン性 ★★★★☆

2・安全性   ★★★★☆

3・コスト   ★★★☆☆

4・価格    9,800〜11,000円

 総合ポイント:11点

 

こちらも現場で人気のブランド「DIADORA(ディアドラ)です。

この安全靴を履いている方も結構多いです。

 

価格は10,000円前後で少し高めです。

 

  第3位【フルツイスト】 プーマ

1・デザイン性 ★★★★☆

2・安全性   ★★★★☆

3・コスト   ★★★☆☆

4・価格    8,800〜11,000円

 総合ポイント:11点

 

こちらも人気のブランドプーマです。

ハイネックでくるぶしまで保護できるので安全性はバッチリです。

300℃の耐熱ソールがポイントです。

 

 

 第2位【アクアゼロ】 力王 

力王 アクアゼロ防水安全シューズ ひもタイプ ブラック 26.0cm AQZ-BK

力王 アクアゼロ防水安全シューズ ひもタイプ ブラック 26.0cm AQZ-BK

 

 1・デザイン性 ★★★★★

2・安全性    ★★★☆☆

3・コスト    ★★★★★

4・価格    3,500〜4,500円

 総合ポイント:3点

 

シンプルなブーツ形状で、ハードスタイルな安全靴です。

ブーツブランドの「ダナー」とか「ティンバーランド」に近い形状です。

 

価格もお手頃で、お求め易い一足です。

 

作業着でも、ジーンズでも合います。

 

実は、職人時代に愛用していた一足です。

現場だけで無く、車のタイヤ交換や片付け・引越しの時にも愛用していました。

 

今でも販売されているようです。

 

アウトドア向けのカラーリングも発売されていました。

結構かっこいいです。

 

 第1【チャーリー】チャーリーワークス

1・デザイン性  ★★★★★

2・安全性    ★★★☆☆

3・コスト    ★★★★★

4・価格    3,000〜4,500円

 総合ポイント:15点

 

一番スニーカーっぽい見た目の一足です。

 街で履いていても、安全靴だとは気づかれないかもしれません。

 

愛用者は、内装屋さん・家具屋さん等に多いそうです。

 

サイドジップがついていて、脱着が楽なところがポイントです。

作業着だけでなく、チノパンやジーンズでも合いそうな安全靴です。

 

私服OKの方には特にオススメです。

価格が5,000円以内なので、コスパは結構良いです。

 

 

第一位は、「チャーリーワークス」です。

価格がお手頃でありながら、服装を選ばない点がポイントでした。

 

大切な足を守る安全性と、費用、デザイン性のバランスがポイントでした。

是非チェックしてみて下さい。

 

 

さいごに

いかがでしたか?

色々検討した結果「チャーリーワークス」を購入することにしました。

 

現場作業員は、元請け業者さんから安全性の教育をされて現場に入るのですが、建築士さんは、安全教育無しで現場に入る場合が多いです。

 

その為、 現場が危険だと認識していない建築士さんが多いのが実情です。

 

現場作業員のお約束アイテムは、

①ヘルメット

②安全靴

③安全帯

④保護手袋

⑤長袖長ズボン

が挙げられますが、皆様はいくつ準備していますか?

 

 

まだ現場用の安全靴をお持ちでない方は、この機会に検討されてみてはいかがでしょうか。

 

★☆☆☆☆☆☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人 「まるたか」

 

↓「まるたか」について詳しくはこちらをご覧下さい。

このブログについて 「建築士の挑戦」

★「職人」から「建築士」へ 異色の経歴を持つ建築士

2018年10月に設計事務所「 Samurai-architect(サムライ-アーキテクト)」を開設

退職〜開業までの記録を綴った「起業の記録シリーズ」 を公開中。

「まるたかのブログ」にて実務以外の情報を発信中。

 

ブログ記事の更新はsamurai architectの「 Facebookページ」にてお知らせしていますのでフォローをお願いします。

 

【このブログの人気シリーズ】