建築士× (カケル)

建築士をしている「まるたか」です。このブログは、アフィリエイト収益を目指して立ち上げたブログです。建築設計の案件数が減るこれからの、建築士の新しい収入源となるかを検証しています。

【建築士 × SR】『SR400レストア計画 ブレーキ編』

ブレーキが効きっぱなしで、ニュートラルでもかなり重い。

 

今回は、”不動車あるある”の『キャリパー固着』を直していきます。

f:id:c6amndbgr3:20200118163552p:plain

 

ブレーキ編

f:id:c6amndbgr3:20200120092032p:plain

f:id:c6amndbgr3:20200120092044p:plain

上の図が、SR400(2H6)のパーツ図です。

 

シリンダー分解

 まずはキャリパーを外して、シリンダーの状況を確認してみます。

(固着によってパッドが閉まっているので、外すのに約1時間かかってます。)

f:id:c6amndbgr3:20200118161012j:plain

f:id:c6amndbgr3:20200118161025j:plain

錆と汚れがひどいでし、フルードも結晶化しています。

 

原因は100%固着でしょう。

 

硬いのなんの・・・。

シリンダーを交換するつもりで、プライヤーを加えます。

f:id:c6amndbgr3:20200118161132j:plain

 

ようやく外れました。

f:id:c6amndbgr3:20200118161240j:plain
f:id:c6amndbgr3:20200118161314j:plain

 

シリンダーが錆びています。

シールもカチコチです。これらは交換します。

 

 

f:id:c6amndbgr3:20200118161604j:plain

シリンダー内は錆も無く、磨けば綺麗になりました。

 

キャリパーはこのまま使います。

 

シリンダーの取外しは専用工具で!

今回はプライヤーで外しましたが、この方法は傷を付けてします危険があるのでNGだそうです。

 

本当は、「シリンダープライヤー」という専用工具を使うと良いようです。

(STRAIGHT/ストレート) ブレーキピストンプライヤー 19-9889

【 amazon で シリンダーキャリパーを調べる】

 

 

キャリパー組立て

部品が届きましたので、組立てていきます。

 

全て「モノタロウ」で購入しました。

f:id:c6amndbgr3:20200118161743j:plain

YAMAHA純正部品を購入すると、赤いグリスも付いてきます。

 

【純正部品型式】

ピストンアセンブリキャリパ:1J3-W0057-00 ¥8,530(税別)

 

豆知識!

YAMAHA SR400の純正部品を調べるには、

「YAMAHAの部品検索サイト」が便利です。

www.yamaha-motor.co.jp

 

部品を調べたら、「バイク屋さん」で注文しても良いのですし、「モノタロウ」でも購入することができます。

 

 

組み上がりました!

f:id:c6amndbgr3:20200118161950j:plain

キャリパーの使用感は拭えませんが、シリンダーは新品になりました。

 

 

新旧を比べるとその差が明らかです。

f:id:c6amndbgr3:20200118161012j:plain
f:id:c6amndbgr3:20200118162007j:plain

水や汚れ、熱に晒される部分なので、定期的な確認が必要ですね!

 

 

エア抜き・調整

続いて、実際に車体へ取付けていきます。

 

ブレーキフルードはYAMAHA純正で、小容量のものを購入しました。

 

 

一番時間がかかるのが「エア抜き」でしょう。

 

手応えがなかなか出ないので、毎回不安になります^^;

 

キャリパー側である程度エアーを抜いて、続いてキャリパー側でエアーを抜いていきます。

 

 

後から知ったのですが、

キャリパー側からシリンダー使ってエア抜きすると早いそうです。

 

シリンダーを使えば、こんなに握らなくても良かったのね・・・。

 

 

 

握って離してを繰り返すこと15分くらい・・・。

ようやくエアーが出てきました。

f:id:c6amndbgr3:20200118162459j:plain

f:id:c6amndbgr3:20200118165119j:plain

手応えが強くなってきました。

f:id:c6amndbgr3:20200118162312j:plain

空気が出なくなったら完了です。

 

 

ブレーキフルードは定期的に交換した方が良いそうです。

定期的に交換するなら、大きいタイプを購入した方が安いです。

 

 

完了!!

以前のブレーキに戻りました!!


フロントブレーキ復活‼️ sr400 レストアプロジェクト

 

「キャブ」「クラッチ」「ブレーキ」が治って、ようやくまともに走行できるようになりました!

 

 

まだ使用上問題はありませんが、シリンダーが劣化してきたので、交換しようかな? 

 

 

 

 

乗り物も乗らないのが一番良くないんですね!

 

車検までもう一息です!

 

次回は「マフラー」を取り替えたいと思います。

 

 

 

建築士 と SR

f:id:c6amndbgr3:20191215095013p:plain

約10年間放置されて、不動車となっている「YAMAHA SR400 (1984年式)」を走らせるためのプロジェクトです。

 

1984年式と古い車体ですが、生まれた年も近く、学生時代に乗り回していたバイクなので、なんか親近感があります。

 

最終整備はプロに任せるとして、自走できる状態まで自己流で直してみようと思います。

 

最終的目標は、カスタムバイクとして蘇らせたいと考えています。

 

 

 

 

★☆☆☆☆☆☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人 「まるたか」

 

↓「まるたか」について詳しくはこちらをご覧下さい。

このブログについて 「建築士の挑戦」

★「職人」から「建築士」へ 異色の経歴を持つ建築士

2018年10月に設計事務所「 Samurai-architect(サムライ-アーキテクト)」を開設

退職〜開業までの記録を綴った「起業の記録シリーズ」 を公開中。

「まるたかのブログ」にて実務以外の情報を発信中。

 

ブログ記事の更新はsamurai architectの「 Facebookページ」にてお知らせしていますのでフォローをお願いします。

 

【このブログの人気シリーズ】