建築士 まるたかのブログ .com

建築士をしている「まるたか」です。このブログは、アフィリエイト収益を目指して立ち上げたブログです。建築設計の案件数が減るこれからの、建築士の新しい収入源となるかを検証しています。

フリーランス 現場監督

f:id:c6amndbgr3:20180202032412j:imagef:id:c6amndbgr3:20180202032526j:image

フリーランスで働く という働き方が一般に知られてきた昨今ですが、現場監督でも増えてきているようです。

 

現場監督とは

現場監督とは、建設工事をまとめる立場にあたる技術者です。主に建設会社の社員であったり、派遣会社に登録されている方が多いようです。

 

フリーランス現場監督が増えてきた背景

私が携わっている現場の方にお話しを伺ったところ、共通する問題があるようです。それは、

現場管理ができる人材の不足です。

 

景気が良くなっているのか、茨城県内の工事件数は前年度に比べて多い傾向にあるようです。

仕事があるのに断ることもできない為、

少人数での現場体制となることが多いようです。

現場監督は、大量の仕事をこなす必要があります。

 

大きな項目を挙げると

  1. 現場の安全管理
  2. 工程の管理
  3. 施工図、承諾図の作成
  4. 現場作業員の管理、指導
  5. 工事写真の撮影
  6. 諸官庁への対応書類の作成、提出
  7. 施主との打ち合わせ
  8. 設計監者との打ち合わせ

など

膨大な作業をこなします。

 

それが理由か、全国的に技術者数は減少傾向にあるようです。

(建築士も同じ)

なので、建設会社にとって必要な時に確保できるフリーランス現場監督は重宝されるのです。

 

フリーランス現場監督例 Sさん

建設会社に勤めていたようですが、会社が倒産したことを機にフリーランスに転身。

現在は、2社と取り引きがある。

自身でも小さな工事は受けて直接受注することもある。

福利厚生は無くなったが、年収は以前の2倍に。

 

まとめ

フリーランス現場監督は、これから増えていくことでしょう。

技術と経験があり、うまく立ち回れる方には良いかもしれません。

 

建設業界が、さらに活性化することを願う今日この頃です。

 

↓↓コチラもおすすめ↓↓

www.arch-memo.com

建築士の実務で勘違いしやすくて、知っていたら楽になる情報をまとめたブログです。 

日々更新しています。