建築士 まるたかのブログ .com

建築士をしている「まるたか」です。このブログは、アフィリエイト収益を目指して立ち上げたブログです。建築設計の案件数が減るこれからの、建築士の新しい収入源となるかを検証しています。

建築設計に通じるとこアリ! 今週の1曲 YMO  ”Tong Poo”

f:id:c6amndbgr3:20180318084929p:plain

今週の一曲は、Yellow Magic Orchestraの"Tong Poo"です。

 

Yellow Magic Orchestraとは、坂本龍一さん、細野晴臣さん、高橋幸宏さんによるグループです。

RYDEEN」が、携帯電話の着メロになったりと、名前を聞いた事がある方は多いと思います。

 

コンピュターが作る正確なリズムと、シンセサイザーを利用した新しい音楽を”テクノポップ”を日本で始めた第一人者です。

海外では、「クラフトワーク」がテクノミュージックでは有名ですね。

 

そんなYMOの中でも " 東風 Tong poo ” TECHNODON IN TOKYO DOME ver "が一番好きです。

 

特に細野晴臣さんのベースラインが最高です!! 


Yellow Magic Orchestra  東風 Firecracker

 

超絶かっこいい!!渋すぎる!!

 

5:23〜の ”Fire cracker "もお勧めです。

もともと民族音楽の要素が強い曲(Firecracker 1959年 マーティン・デニー)をカバーした曲です。


Martin Denny - Firecracker

エキゾチカ特有のゆらぎのあるリズムを、コンピューターの正確なリズムに変換する事を試みたそうです。

こんなに印象変わるんですね。

 

YMOのすごいところは、音楽を科学的に研究していた点であると思います。

民族音楽や民謡などの、人間の心地よいとされる曲や、なぜか聞くと高揚する音楽をコンピューターを使って科学的に解析したところ。

そしてそれを、自分たちの音楽に取り入れているところ。

 

建築士の仕事と似ているような気がします。

良い空間やデザインをインプット(考察する・見る・体験する)して、

設計にアウトプットする。

 

YMOのような研究を、建築でするとすると

良いとされるデザインや造形、心地よい空間の根拠が科学的に解析する事ですかね?

 

 YMOの皆様は、今でも新しい挑戦をしています。

特に坂本龍一さんの最新アルバム「async」おすすめです。

  

↓↓コチラもおすすめ↓↓

www.arch-memo.com

建築士の実務で勘違いしやすくて、知っていたら楽になる情報をまとめたブログです。 

日々更新しています。