建築士× (カケル)

建築士をしている「まるたか」です。このブログは、アフィリエイト収益を目指して立ち上げたブログです。建築設計の案件数が減るこれからの、建築士の新しい収入源となるかを検証しています。

今日の一曲♪♪「Are You Gonna Be My Girl - JET- 」一瞬で解るベースフレーズ

f:id:c6amndbgr3:20180709010651p:plain

 

今日の一曲は、「Are You Gonna Be My Girl  -JET-」です。

Get Born [Analog]

 

 Appleのコマーシャルでも使用されたことでお馴染みの一曲です。

 

 一度は聞いたことがあるはずです。


JET – "Are You Gonna Be My Girl"

 

イントロのベースフレーズが特徴的で、ベーシストなら一度はコピった経験があるはずです。

 

古い名曲?のような感じがしますが、2003年に発表された楽曲です。

JETとは?

JET(ジェット)は、オーストラリア・メルボルン出身のロックバンドです。

2003年にリリースされた、「Are You Gonna Be My Girl」が収録されているアルバム「Get・Born」は、世界で350万枚以上のセールスを記録したバンドです。

 

数十社のレコード会社が契約を取り合ったという伝説もあります。

 

学生時代によく聴いた思い出のある一曲です。

 

 

ベースラインといえばこの曲!

「造花が笑う - ACIDMAN」

ベースラインといえば外せない一曲 「造花が笑う -  ACIDMAN」

youtu.be

この曲も、掻き鳴らすようなイントロのベースフレーズが特徴的です。

 

大学生の頃に出会った曲ですが、

初期のACIDMANは、ベースラインで曲全体で" グルーヴ "や" ノリ "をつくっているのが特徴で、そんなスタイルに影響を受けたバンドです。

1st アルバム「創」

この曲が収録されている  1stアルバムの「創」は、

「赤橙」「アレグロ」「シンプルストーリー」「SILENCE」などなど名曲揃いです。

 

是非聞いてみて下さい。

創

 

少ない構成でも音の厚みが出せるバンドって意外に少ないです。

ドラムやベースのリズム帯がしっかりしてて、

色を付けるギターが絡まないとこのグルーヴはでません。

 

洋楽では、断トツで「レッチリ(Red Hot Chili Peppers)」です。

この音の厚みハンパじゃないです。 

 

 

同じようなスタイルを真似しても、音作りが難しくて、

音が痩せすぎてるとショボいし、歪ませすぎても音の粒が無くなるし音が軽くなります。

バンド内で、アンプやらエフェクターやらをこねくり回していたことを思い出します。

 

 

さいごに 

なんかこの頃の曲は、

骨太な感じのバンドがいっぱいいてよかったな~

なんて感じる今日この頃です。

 

f:id:c6amndbgr3:20180801214754p:plain Amazon.co.jp: Prime Music Amazon  プライム会員なら100万曲以上が聞き放題

 

★☆☆☆☆☆☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人 「まるたか」

 

↓「まるたか」について詳しくはこちらをご覧下さい。

このブログについて 「建築士の挑戦」

★「職人」から「建築士」へ 異色の経歴を持つ建築士

2018年10月に設計事務所「 Samurai-architect(サムライ-アーキテクト)」を開設

退職〜開業までの記録を綴った「起業の記録シリーズ」 を公開中。

「まるたかのブログ」にて実務以外の情報を発信中。

 

ブログ記事の更新はsamurai architectの「 Facebookページ」にてお知らせしていますのでフォローをお願いします。

 

【このブログの人気シリーズ】