建築士× (カケル)

建築士をしている「まるたか」です。このブログは、アフィリエイト収益を目指して立ち上げたブログです。建築設計の案件数が減るこれからの、建築士の新しい収入源となるかを検証しています。

【建築士 × バイク】” HONDA レブル ” が我が家にやってきた。

HONDA レブル250 が我が家にやってきました。

 

 

買ったのは、私ではなく嫁ですが........(-_-;)  

 

『女性の行動力は凄いな~!』と改めて感じる出来事でした。

 

ともかく今回は、HONDA レブル250 について書いてみます。

f:id:c6amndbgr3:20200607183530p:plain

 

 

HONDA rebel250 (レブル250) 

f:id:c6amndbgr3:20200607174121j:plain

2020年式 HONDA rebel(レブル)250です。

 

基本スペックはコチラです。

全長×全幅×全高 2205×820×1090mm
ホイールベース 1490mm
最低地上高 150mm
シート高 690mm
車両重量 170kg
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量 249cc
ボア×ストローク 76.0×55.0mm
圧縮比 10.7
最高出力 19kW(26PS)/9500rpm
最大トルク 22N・m(2.2kgf・m)/7750rpm
燃料タンク容量 11L
変速機形式 6速リターン
キャスター角 28.00゜
トレール量 110mm
タイヤサイズ(前・後) 130/90-16M/C 67H・150/80-16M/C 71H
ブレーキ形式(前・後) シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格(消費税10%込) 59万9500円

 

車体のボリュームがありますが、車重170kgと軽いせいか取り回しが楽でした。

 

 

一番のポイントは足付き!!

アメリカンなポジションで、シート高さは690mm。

足付きが抜群に良いです!!

(嫁の決めてもここだったそう。)

f:id:c6amndbgr3:20200607190014j:plain

 

女性人気No1というのも納得です!!

 

 

クラッチ軽い!

f:id:c6amndbgr3:20200607190026j:plain

とにかくクラッチが軽い!スムーズ!!

 

クラッチのタッチが軽くて操作が非常に楽なので、純粋に走りを楽しむことができました!

 

詳しいことは分かりませんが、どの速度でスロットルを開けても力強さを感じる不思議なエンジンでした。

 

 

2020年式の装備

2020年モデルからの変更点は、

1・ABS標準搭載

2・灯火類LED

3・シフトインジゲーター

 です。(他にもあったらすみません.....。)

 

 

 

4発LEDヘッドライトは、好き嫌い分かれるところだと思います。

 

個人的には好きです。新しい悪っぽさみたいな。 

そして、ウインカーがポジションライトになっています!

f:id:c6amndbgr3:20200607184510j:plain

光量があるので、昼間でも視認性は抜群です。

 

レブルにポジションライト似合うな~

 

 

エキゾーストサウンド(排気音)

純正マフラーサウンド(排気音)はこちらです。

 

端切れ良く、程よい重低音で品の良い音だと感じます。

 

 

広い場所だと静かすぎて少し寂しい印象も受けましたが、

住宅地の走行だと音が結構響きます。

 

 

場所を選ばず気兼ねなく乗れる調度良い音だと感じました。

 

 

さいごに

HONDA レブル250  かなり良いぞ!!

 

 

 

一番好きなアングルはコレ!! 

f:id:c6amndbgr3:20200607200609j:plain

フロントからのアングルがかっこいい!

  

4発LEDヘッドライトも悪っぽくて凄く良い!

 

 

 

SR400とまた違った乗り味とスタイリング。

 

やっぱりバイクは楽しいね!!

 

 

 

【Enjoy!!  BIKE LIFEシリーズはこちらから!】

 

 

 

 

★☆☆☆☆☆☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人 「まるたか」

 

↓「まるたか」について詳しくはこちらをご覧下さい。

このブログについて 「建築士の挑戦」

★「職人」から「建築士」へ 異色の経歴を持つ建築士

2018年10月に設計事務所「 Samurai-architect(サムライ-アーキテクト)」を開設

退職〜開業までの記録を綴った 「開業の記録シリーズ」を公開中。

実務については、『ARCHITECTURE ARCHIVE 〜建築 知のインフラ~』にて情報発信中。

 

ブログ記事の更新はsamurai architectの「 Facebookページ」にてお知らせしています。

 

【このブログの人気シリーズ】