建築士 まるたかのブログ .com

建築士をしている「まるたか」です。このブログは、アフィリエイト収益を目指して立ち上げたブログです。建築設計の案件数が減るこれからの、建築士の新しい収入源となるかを検証しています。

新サービス「間取り GO」開始間近!! VRをより解りやすく身近なものに

新サービス「間取り GO」開始間近!!VRを解りやすく身近なものに

 

新サービス「間取りGO」発表間近です。

 

「間取りGO」とは?

「間取りGO」とは、間取り図から「VRコンテンツ」を作成するサービスです。

このサービスは、これまで家づくりも悩みを解消する為に開発しました。

 

これまでの家づくりの悩みとは?

家づくりする知人によく相談されるのですが、

「工務店から提案プラン図を貰ったけど、完成イメージが想像できない」

「完成後のイメージってどうなるの?」

「工務店を比較したいのだけど、あと一つ決めてとなる要素が欲しい」

 

実際私が設計した案件でないので、詳しい回答はできませんでしたが

家づくりを経験する方に、共通した悩みがあることが分かりました。

 

多くのハウスメーカーや工務店の提案資料に、

イメージパースを添付することが一般的になってきましたが、

初めて家づくりを経験するお施主様にとっては想像するのが難しいのが現実です。

 

マイホームは、総額3000万円もの大きな買い物です。

その大きな買い物を「最初に出されるプラン図だけで決定するには心もとない」という想いを多くの建て主が抱いているのが現実です。

 

私自身建築設計に携わっていましたが、

プラン提案の資料が常識と認識していて、建て主の悩みに気付けていませんでした。

 

「間取りGO」で、この家づくりをされる方々の悩みを解消する手助けをしたいと考えています。

 

VRの浸透

PCの性能向上や、VRグラス等の機器の値段が安くなったことから

VRは私たちの生活に浸透しいます。

 

この流れは建築業界でも同様で、

一部のハウスメーカーやビルダーでは

VR(バーチャルリアリティー:仮想現実)を活用した住宅提案が試みられています。

 

そもそもVR(バーチャルリアリティー:仮想現実)は、

既に私たちの生活の身近な存在です。

 

「SNSや仮想通貨」「電車などで音楽を聴く行為」「さらに想像する行為」自体を

「仮想現実に浸る行為である」と唱える専門家もいます。

 

私たちはVR技術を意識せずに利用しています。

 

建築でいうのであれば、

「現在存在しない建物を創造する行為」自体がVR(仮想現実)の世界なのかもしれません。

 

VRの勘違い「仮想現実=VRゴーグル」

よく勘違いされることですが、

VRゴーグルを装着しなければ「VR」では無いという認識をされている方がいらっしゃいます。

たしかに、VRゴーグルを装着した方が没入感を得ることができますが、

絶対なければならないアイテムではありません。

 

将来の予想図やシミュレーションを認識できてば

出力対象は問わないと考えています。

 

例えば、スマートフォン、タブレット、テレビ等が挙げられます。

 

現在であれば、スマートフォンやTVの方がVRゴーグルよりも手軽に体験できると考えています。

 

「間取りGo」の制作例

間取りGOの制作例を紹介します。

(最終納品物ではありません。)

1・茨城県筑西市W様邸

構造

木造2階建

規模

150m2程度

概要

茨城県筑西市に計画された戸建て住宅です。

1階のLDKを広く開放感のある空間がこだわりです。

製作日数

1日

2・茨城県笠間市S様別邸

構造

木造2階建

規模

100m2程度

概要

自宅の敷地内のガレージハウスとして計画されてた建物です。

1階はガレージ、2回に趣味兼リビングがある建物です。

2回のLDKを制作しました。

製作日数

1日

建て主の感想

W様談

大変参考になりました。

建築動画を初めて利用しましたが、

思ったよりも画像が綺麗でびっくりしました。

スマートフォンで閲覧できたので気軽に利用できました。

 

なんで今まで無かったの?

 

さいごに

より多くの建て主様が、後悔ない「家づくり」を実現できますよう願っております。

 

是非「間取りGO」をご利用下さい。

 

制作例を随時更新していきます!

f:id:c6amndbgr3:20180910002258j:plainf:id:c6amndbgr3:20180910002258j:plain

ホームページ・入稿ページ準備中です。近日中にサービス開始します。

開始次第URLを公開します。

 

★☆☆

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人

 

「まるたか」についてはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

presented by samurai-architect

TOPページへ戻る