建築士 まるたかのブログ .com

建築士をしている「まるたか」です。このブログは、アフィリエイト収益を目指して立ち上げたブログです。建築設計の案件数が減るこれからの、建築士の新しい収入源となるかを検証しています。

【理想の家のつくり方】完成後に必要な「修繕」と「コスト」の一覧表!【永久保存版】

f:id:c6amndbgr3:20190108185738p:plain

 

以外に知られていない「完成後にかかる費用」

家を建てる時にかかる費用(イニシャルコスト)に関する情報は、

色々なサイトから発表されているので認知されていると思います。

 

以外に知られていないので「完成後にかかるコスト」です。

 

”完成後にかかるコスト”とは?? 

”完成後にかかるコスト”とは、ランニングコストとも表現されます。

f:id:c6amndbgr3:20190108184105j:plain

出典:https://www.kizuna-station.com/blog02/2017/07/lcc.html

ランニングコストの内訳は、光熱費などの「エネルギーコスト」と修繕にかかる「メンテナンスコスト」に分けられます。

 

メンテナンスコストとは?

家は、完成を境に老朽化が始まります。

老朽化が進むと、雨漏り等を引き起こします。

 

例えば、「屋根」です。

f:id:c6amndbgr3:20190108173420j:plain

出典:http://www.e-renovations.com/reform/00000086/6/

屋根は、紫外線や雨風を受けるので老朽化が顕著に現れます。

「セメント板」や「コロニアル」の屋根材の場合、

約10年周期で表面塗装(費用:60〜80万円)

約30年で「葺き替え」又は「カバー工法」(費用:100〜150万円) 

が必要となります。

 

同じように、「外壁」「コーキング」「設備」「内装」にも同じように費用がかかります。

 

重要ポイント!

・材料によって、メンテナンスコストが大きく異なる。

・計画時に「メンテナンスコスト」を抑えておくことが重要!

 

【永久保存版】メンテナンススケジュールと費用が一目で分かる資料 

+|「住まいと設備のメンテナンススケジュールガイド」

f:id:c6amndbgr3:20190108015625j:plain

住宅のメンテナンスのスケジュールと費用を抑えるには、

「住まいと設備のメンテナンススケジュールガイド」がオススメです!

 

それぞれを検索すれば情報を得ることができますが、結構めんどくさいですようね!

 

この資料があれば一目でわかります!

 

+|「住まいと設備のメンテナンススケジュールガイド」とは?

住宅産業協議会」から公開されている資料です。

 

「屋根」「外壁」「内部」などの部位ごとに、

1)どんな修繕が必要か?

2)いつ頃修繕が必要になるか?

3)どの程度の修繕費が必要か?

が、一目で分かるよう構成されています。 

 

転載がコンプライアンス上NGなので、下にリンクを貼りました。

PDF資料は下記からダウンロードをお願いします。

住まいと設備のメンテナンススケジュールガイド 30年版

住まいと設備のメンテナンススケジュールガイド 60年版

  

モデル建物を基準としている為、全ての住宅に当てはまる訳ではありませんが、

検討資料として重宝します。

 

知人の「住宅ビルダーさん」「工務店さん」等の、いわゆる ” プロ ” の方にも使われています。

 

+スケジュールの使い方(案)

1)建材・工法の検討資料として!

2)家を長持ちさせる為の資料として!

 

応用すれば、「外壁」「内装材」等、あらゆる材料に使えると思います。 

もちろん、建材や工法を選定するための判断材料としても使えます。

 

この他にも使える資料がたくさん!!

メンテナンススケジュール以外にも、住宅完成後に使える資料がたくさん公開されています。

+|住まいと設備のメンテナンスガイド

f:id:c6amndbgr3:20190108014058p:plain

この資料は、住宅メーカーや設備メーカーに多く問い合わせのあるものを集めて、「原因」「修理方法」などがまとめられています。

 

「住まいをより長持ちさせること」を目的に、

「日頃のお手入れ方法」や「業者へ修理を依頼する場合の修理費の目安」を、

部位ごとに説明されています。

→「住まいと設備のメンテナンスガイド」のダウンロードはこちらから

住まいと設備のメンテナンスマニュアル

 

この他にも良い資料があるので、是非ホームページをチェックしてみて下さい。 

 住宅産業協議会ホームページはこちらから

  

さいごに

今回は、完成後に必要な「修繕スケジュール」と「修繕コスト」の目安が一目で分かる資料をご紹介させて頂きました。

 

家には、計画時に見えないコスト(ランニングコスト)がかかります。

 

是非、計画時の検討材用にして頂いて、

また、住み始めた後のメンテナンスにご活用頂ければ嬉しいです。

 

これからも、情報を発信していきますので

今後共よろしくお願い致します。

 

★☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人 「まるたか」

 

↓「まるたか」について詳しくはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

★「職人」から「建築士」へ 異色の経歴を持つ建築士

2018年10月に設計事務所「 Samurai-architect(サムライ-アーキテクト)」を開設

退職〜開業までの記録を綴った「起業の記録シリーズ」 を公開中。

「まるたかのブログ」にて実務以外の情報を発信中。

 

ブログ記事の更新はsamurai architectの「 Facebookページ」にてお知らせしていますのでフォローをお願いします。