建築士 まるたかのブログ .com

建築士をしている「まるたか」です。このブログは、アフィリエイト収益を目指して立ち上げたブログです。建築設計の案件数が減るこれからの、建築士の新しい収入源となるかを検証しています。

新築マイホームは負債か!?今だからこそ『新築マイホーム』の価値を考る

マイホームは負債だ! 

昨今、こんな言葉を良く耳にするようになりました。

「貧乏人は負債を買い、金持ちは資産を買う!」

「新築のマイホームは負債です!絶対に買わない方が良い!」

「マイホームを持つことはリスクです。」

多くの経済評論家や文化人が、このように発言しています。

 

本当にそうかな?

しかし、私の意見を含めてですが、

人の意見を鵜呑みにして決断することなく、「自分の判断で決断するべき」というのが私の見解です。

 

確かに、マイホームを持つことで資金の面で負担になることは確かです。

マイホームは「負債」と考えるのもわからないではありません。

 

しかし、建築設計の立場から考えると「新築マイホーム」にしかないメリットがあるります。

新築マイホームのメリット

1|温熱環境に配慮した計画ができる 

2|耐震性の良い建物が計画ができる

 

中古物件でも改修工事によって向上させることは可能ですが、

この2点に関しては、費用・手間共に圧倒的に新築工事の方が計画しやすいです。

(賃貸物件は、改修はほぼ無理)

 

お金に替えられないもの

この2点は、住む方の健康・生死に関わる重要な要素です。

家族の命・健康はお金に替えることはできません。

 

経済専門家の視点からでは、見つけづらいポイントでしょう。

お金のことはもちろん大切ですが、もっと大切な”もの”を忘れているの気がします。

 

耐震性能」「温熱性能」を備えた新築マイホームであれば、決して損する買い物ではない!

というのが私の持論です。

 

今回は、新築マイホームの価値について、

私なりの見解を解説させて頂きます。

 

今こそ「住宅の価値」について再確認する時ではないでしょうか。

f:id:c6amndbgr3:20190114020138p:plain

 

まずは、多くの経済専門家の主張するデメリットについて確認します。

デメリット1|金銭的な制約

多くの場合、住宅ローンを組みます。

毎月の支払いが発生し、支払いができないと家が無くなります。

 

また、固定資産税や修繕費も必要になりますので、家が完した成後も資金が必要となります。

 

↓ 一般的な修繕スケジュール・修繕費をまとめた資料です。

完成後に必要な「修繕」と「コスト」の一覧表!【永久保存版】

 

家は老朽化します。

家を持つことで一生資金が必要となることは事実です。

 

ローン返済中は、一生お金を返し続ける必要があり

返済後も修繕費を用意しておく必要があるので、そうそう会社を辞めたり、転職できなくなる金銭的な制約が発生します。

 

デメリット2|資産価値

住宅は、新築時をピークに資産価値が減少します。

これが、マイホームが負債だと言われる一番の理由でしょう。

 

例えば、

購入時3000万円でも、売却時は1000万円になる等、家の価値が大きく目減りしてしまいます。

 

これが、マイホームが負債だと言われる一番の理由です。 

 

デメリット3|簡単に住む場所を変えられない

賃貸の場合、簡単に引っ越しができますが、戸建ての場合そうではありません。

 

例えば、隣人トラブルがあっても我慢しなければならない状況になります。

 

 

これらは、多くの経済評論家から共通に主張されるマイホームのデメリットです。

 

では新築マイホームのメリットとは?

ここからは、私の持論です。

 

新築マイホームだからこそのメリットについて考えていこうと思います。

 

メリット1|温熱性能が高い家に住める

賃貸物件、既存住宅共に、一部を除き断熱性能は皆無と言って良いでしょう。

 

断熱性能を売りとした新築マンションやアパートの賃貸物件もありますが、

多くの場合、満足な断熱性能があるとは言い難い状況です。

 

実は、温熱環境と健康には密接な関係があり、「生死に関わる関係性」と言っても過言ではありません。

 

死亡事故の第一位は「住宅内」

死亡事故は、実は自宅での事故が一番高いのです。

 

全日本交通安全協会によれば、交通事故死亡者数は、

2015年には4,113人と公開されています。

 

それに対し家庭内での死亡者数は、

15,000人です。

 

以外にも、家庭内の死亡者の方が3倍も多いのです。

家庭内の死亡事故の一番の要因は「ヒートショック」です。

 

そして、「ヒートショック」を引き起こす要因は、家の中の温度差です。

温熱環境が良い家は、温度差を少なくすることが可能です。 

 

温熱環境を向上させる要素は、

「断熱性能(窓、壁、屋根、床)」「気密性能」「パッシブデザイン(日射の遮蔽・取込)」と、複数ありますが、新築工事の方が圧倒的に計画しやすいです。

 

既存住宅を断熱改修することは可能ですが、

一部を壊して直すなどの工事が必要です。

 

特に重要な「気流止め」を施そうとすると、天井・壁を壊す必要があります。

 

多くの場合、余分な費用がかかりますし、構造上の限界があります。

 

メリット2|耐震性能が高い家に住める

こちらも断熱性能と同様ですが、

賃貸・既存ストック共に、構造上不十分なケースがあります。

 

下の表は、熊本地震での木造住宅の損傷比率です。

f:id:c6amndbgr3:20180810132815p:plain

出典:一般社団法人くまもと型住宅生産社連合会(パンフレット:耐震等級3のススメ)より

この表からわかるように、「新耐震基準」かつ「耐震等級3」は半壊以上の損害であり、住めない程の損傷でないのに対して、それ以外の家は倒壊している家があることが分かります。

 

つまり、耐震等級3以外の住宅は、熊本地震級の地震が起きた場合、

建物が倒壊する又は、住めない状況になる可能性があるということです。

 

建物の耐震性は、生死に関わる重要なポイントです。

 

もし、地震があった時に子供が中にいたとしたら・・・・・

 

これは、お金に替えることができないことではないでしょうか?

 

これが、私が住宅に耐震性が必須事項だと考える要因です。

↓ 「耐震等級3が必要だと考える理由」について詳しくはこちら

 

既存ストックでも耐震改修は可能ですが、大掛かりな工事が必要です。

 

新築の方が、耐震性能の設計がし易いです。 

耐震性能の確保は、新築だからこそ計画しやすい項目です。

 

まとめ

新築マイホームのメリット

1)温熱性能に優れた家に住める

2)耐震性能に優れた家に住める

この2点さえ備えていれば、新築マイホームに価値はあると考えます。 

 

逆に、これを備えていない新築マイホームは建てない方が良いと思います。

 

 

 

 

さいごに

今回は、新築マイホームのメリットについて考えてみました。

 

新築マイホームは条件を満たせば「負債」では無いと私は考えます。

お金には替えられない家族の命・生活を守ることができます。

 

「耐震性能」「断熱性能」が確保できることこそ、新築住宅の最大のメリットだと思います。

 

最近の情勢は、「家」の本当の目的を見失ってしまっているような気がします。

 

「家」は、お金では替えることができない「家族の命・健康」を守るための重要な役割を果たします。

 

マイホームを建てようとお考えの皆様を心から尊敬しますし、

設計者の立場として精一杯応援します。

 

マイホームは、決して「負債」なだけではありません。

 

理想のマイホームを手にいれて下さい。

 

 

★☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人 「まるたか」

 

↓「まるたか」について詳しくはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

★「職人」から「建築士」へ 異色の経歴を持つ建築士

2018年10月に設計事務所「 Samurai-architect(サムライ-アーキテクト)」を開設

退職〜開業までの記録を綴った「起業の記録シリーズ」 を公開中。

「まるたかのブログ」にて実務以外の情報を発信中。

 

ブログ記事の更新はsamurai architectの「 Facebookページ」にてお知らせしていますのでフォローをお願いします。