建築士× (カケル)

建築士をしている「まるたか」です。このブログは、アフィリエイト収益を目指して立ち上げたブログです。建築設計の案件数が減るこれからの、建築士の新しい収入源となるかを検証しています。

Twinmotion2019 使ってみた 『その1|ダウンロード方法・使用感レポート』

TwinMotion 使ってみた 「その1」

f:id:c6amndbgr3:20190516131131p:plain

TwinMotion2019とは、建築、建設、都市計画、造園の専門家向けに設計されたソリューションです。

 

これが、EPIC社とタッグを組むことによって、Unreal Enjineを搭載し、高品質な画像、動画を短時間で制作することが可能となりました。

 

しかも、無料です!!(2019年11月まで)

 

2019年11月までは、誰でも無料でダウンロードできますし、

かつ、その期間までにダウンロードした方は、その後も使い続けることができます。

 

かなり、太っ腹ですね!

 

今回は、「twinmotion 使ってみた」の第一弾として、

1・twinmotion のダウンロード方法

2・twinmotionを使ってみた! 

について紹介させて頂きます。

 

まだ、使い込んだわけではないのですが、

直感的な操作感で、PCの操作が不得意な私には使いやすい印象を受けました。

 

是非、お試し下さい。

 

f:id:c6amndbgr3:20190516131100p:plain

 

Twinmotionとは?

Twinmotion2019とは、建築、建設、都市計画、造園の専門家向けに設計されたソリューションです。

 

これが、EPIC社とタッグを組むことによって、Unreal Enjineを搭載し、高品質な画像、動画を短時間で制作することが可能となりました。

 

 

↓ 下は、テストで作ってみた動画シミュレーションです。

 

 

初めて操作しましたが、簡単にできました。

カクつくのが気になりますが、アングルパンを微調整すればもっとスムーズになるはずです。

 

操作に慣れればもっといい感じにできそうです!

 

 

↓↓ パースもかなり綺麗です。

f:id:c6amndbgr3:20190516131845p:plain

f:id:c6amndbgr3:20190516131851p:plain

f:id:c6amndbgr3:20190516131917p:plain

これが無料ですよ!

かなりビックリです。

 

 

さらには、360°画像も出力できます!

f:id:c6amndbgr3:20190516135545p:plain

 

 

類似するソフトといえば、「Lumion」でしょうか。

 

その内、CADソフト自体無料になっちゃいそうですね!

 

 

twinmotionをダウンロードするには?

twinmotionをダウンロードするのは簡単です。

f:id:c6amndbgr3:20190516132042p:plain

まず、Epic社の「Epic Games Launcher」をダウンロードする必要があります。

 

その後は、上の図の手順でダウンロードしていくだけです。

 

↓下のURLからダウンロードできます。

https://www.unrealengine.com/ja/twinmotion

 

 

twinmotion使ってみました!

早速「twinmotion」を使ってみました。

 

取り込めるデータ形式

取り込めるデータは、FBX・SKP・C4D・OBJ等、3Dモデルならほぼ取り込むことが可能です。

さらに、revit、ARCHICADは直接同期できるようです。

 

今回は、スケッチアップ(SketchUp)からモデルを取り込んでみました。

スケッチアップ(SketchUp)ユーザーは非常に多いので、直接取り込めるのは非常に便利ですね!

 

 

取り込んだデータは、このブログでも何度か使用している3Dモデルです。

f:id:c6amndbgr3:20190516134753p:plain

このモデルに、

1・植栽

2・人物

3・カメラモーション

を付けていきます。

 

1|データを取り込む

スケッチアップ(SketchUp)データを取り込みます。

f:id:c6amndbgr3:20190516142708p:plain

取込は時間もかからずとてもスムーズです。

 

2|グランドモデルを配置

用意されているモデルがとても豊富です。

 

しかも、ドラッグ&ドロップで配置できます。

f:id:c6amndbgr3:20190516143025p:plain

 

【ココがポイント!】

ここまでは、UnrealEngineでもできますが、

さらに便利なのが、カーソル操作で高さ・大きさを変えられる点です。

f:id:c6amndbgr3:20190516143044p:plain

 

カーソルを上下させるだけです。

 

これは便利ですね!!

 

3|装飾モデルを配置

続いて、人物や自動車・家具等を配置していきます。

これも、植栽の配置と同様にドロップしていく感じで配置していきます。

 

自動車のモデルも豊富です。

f:id:c6amndbgr3:20190516143345p:plain

 

さらには二輪車(自転車・バイク)まで!

f:id:c6amndbgr3:20190516143351p:plain

 

人物モデルも豊富です。

f:id:c6amndbgr3:20190516143409p:plain

 

人物の集団モデルもあります。

↓謎の行列を作ることも可能です。

f:id:c6amndbgr3:20190516143421p:plain

 同じグループの配置でも、よーく見ると人物が変わっているのです。

全く同じモデルが金太郎飴のようになるのを防いでくれます。 

 

家具も豊富です。内観を作るのに便利ですね!

f:id:c6amndbgr3:20190516143649p:plain

 

オフィス向けのモデルもあるので、商業モデルにも使えそうです。

f:id:c6amndbgr3:20190516143703p:plain

小物まであります!

 

これは驚きです!

 

 

【ここがポイント!】マテリアルの変更

特に凄いと感じたのは、マテリアル変更の操作性です。

f:id:c6amndbgr3:20190516143717p:plain

ドラッグ&ドロップでテクスチャーを配置していくのはUnrealEngineでもでるのですが、

特筆すべき点は、テクスチャーの縮尺・反射・回転等をスクロールで操作できる点です。

f:id:c6amndbgr3:20190516143728p:plain

Unreal Engineでは、別ウィンドウで数値を変更する操作が必要だったので、

 

この操作感はかなり良いです。

 

完成形がこちら!

↓↓完成した動画シミュレーションがこちらです。↓↓

 

人物の動き、植栽の風でそよぐ感じも表現できます。

 

簡単にできちゃいました!

 

但し、快適に作業するには、PCにそれなりのスペックが必要になるので注意です。

 

↓ 建築Viz用のPCを検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

さいごに

今回は、今大注目のTwinmotion2019を取り上げてみました。

 

かなり簡単に操作ができるので、建築ビジュアライゼーションの裾野を広げる存在になることは間違いないでしょう。

 

今回はスケッチアップ(SketchUp)から取込を試してみましたが、他のCADからの取込みにも挑戦してみます。

 

次回もよろしくお願いします。m(_ _)m 

 

 

★☆☆☆☆☆☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人 「まるたか」

 

↓「まるたか」について詳しくはこちらをご覧下さい。

このブログについて 「建築士の挑戦」

★「職人」から「建築士」へ 異色の経歴を持つ建築士

2018年10月に設計事務所「 Samurai-architect(サムライ-アーキテクト)」を開設

退職〜開業までの記録を綴った「起業の記録シリーズ」 を公開中。

「まるたかのブログ」にて実務以外の情報を発信中。

 

ブログ記事の更新はsamurai architectの「 Facebookページ」にてお知らせしていますのでフォローをお願いします。

 

【このブログの人気シリーズ】