世界一!! YAMAHA SR が好きな建築家のブログ

建築士をしている「まるたか」です。このブログは、アフィリエイト収益を目指して立ち上げたブログです。建築設計の案件数が減るこれからの、建築士の新しい収入源となるかを検証しています。

【建築士 × SR】 Let's メンテナンス 『圧縮圧力測定 編』

 

今回は、圧縮測定をやってみます。

 

f:id:c6amndbgr3:20210207193357p:plain

 

私の SR400 は、1983年式の 2H6 です。

 

サービスマニュアルによると、

標準圧縮圧力:10.5kg/cm2  - 700rpm ≒  約1030kpa

圧縮圧力限度: 8.5kg/cm2  - 700rpm     ≒  約830kpa

※ゲージによって単位が違うので注意です。

となっております。 

 

|コンプレッションゲージ

アストロプロダクツにて購入しました。(2500円位)

f:id:c6amndbgr3:20210207194203j:plain
f:id:c6amndbgr3:20210207194215j:plain


安い!

 

プロ用は、2万円位するみらいです。

 

Amazonでも買えます!!

 

 

|コンプレッションゲージを接続・測定

f:id:c6amndbgr3:20210207194331j:plain

 

注意点

1)エンジンを始動し、暖機運転する。

2)スロットルを全開にする。

3)力強く5回位キックする。

 

 

|測定結果

f:id:c6amndbgr3:20210207194618j:plain

測定の結果、1050kpaありました。

圧縮圧力はしっかりあるようですね。 

 

正直、圧縮抜けてるだろうと思ってたので、

ピストンリング交換は覚悟していました。

 

一安心です。゚(ー_ー)!!

 

 

 

異常があった場合の原因は次の通りです。(サービスマニュアルより抜粋しました。)

■ 圧縮圧力が低い場合に考えられること

1)バルブ当たり不良による圧縮漏れ。

2)バルブクリアランスの調整不良

3)ピストン、シリンダ、ピストンリングの摩耗

4)シリンダヘッドガスケットの破損。

■圧縮圧力が高い場合に考えられること。

1)シリンダヘッド燃焼室のカーボン堆積

2)ピストンヘッドのカーボン堆積。

 

 

 

簡単に測定できるので、

是非チャレンジされてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

【Enjoy!!  BIKE LIFEシリーズはこちらから!】

 

 

この記事を書いた人 「まるたか」

 

↓「まるたか」について詳しくはこちらをご覧下さい。

このブログについて 「建築士の挑戦」

 

★「職人」から「建築士」へ 異色の経歴を持つ 建築士

  バイク乗って波乗って建築やってます。  \インスタはこちらから/

2018年10月に設計事務所「 samurai-architect(サムライ-アーキテクト)」を開設

退職〜開業までの記録を綴った 「開業の記録シリーズ」を公開中。

実務については、『ARCHITECTURE ARCHIVE 〜建築 知のインフラ~』にて情報発信中。

 

ブログ記事の更新はsamurai architectの「 Facebookページ」にてお知らせしています。