建築士× (カケル)

建築士をしている「まるたか」です。このブログは、アフィリエイト収益を目指して立ち上げたブログです。建築設計の案件数が減るこれからの、建築士の新しい収入源となるかを検証しています。

【理想の家のつくり方】断熱仕様でこんなに変わる光熱費!

断熱仕様が良いとランニングコスト(光熱費)が安くなります!! 

なんて話を良く聞きますが、

実際に「どの位安くなる」という文献は多くありません。  

 

断熱仕様で変わる光熱費シミュレーションしてみました!

しかし、断熱材の仕様で月々の光熱費が変化するのは紛れもない事実です。

 

今回は、実際の建物で「光熱費シミュレーション」をしてみた結果を紹介させて頂きたいと思います。

 

結論からいうと、

断熱リフォームに効果があるが、限界があります。  

 

これから新築を計画をする方、断熱リフォームを検討されている方の参考になれば嬉しいです。

f:id:c6amndbgr3:20190424172147p:plain

 

 

光熱費シミュレーションをした物件は、次の通りです。

光熱費シミュレーション対象

光熱費シミュレーションする物件は、弊事務所が間借りしている戸建て住宅です。

構  造:木造2階建 木造枠組み工法

   築   :約30年 某大手ハウスメーカー

延べ面積:約140㎡

建  設  地:茨城県笠間市

 

 1階平面

 

f:id:c6amndbgr3:20190423093900j:plain

2階平面

f:id:c6amndbgr3:20190423093913j:plain

某大手ハウスメーカーで建設され、築30年が経つ戸建住宅です。

 

規模・外観共に、この時代に良くみられるタイプで、

間取りはいわゆる「ぶどう型」とよばれる配置です。

 

f:id:c6amndbgr3:20190423094337j:plain

外観は、玄関部分が1階で、その他は二階建てになっています。

 

こちらの物件を対象として、

シミュレーション1:現在の断熱仕様

シミュレーション2:現在の一般的な断熱仕様

シミュレーション3:さらに強化した断熱仕様

の3パターンで光熱費シミュレーションを行いました。

 

シミュレーション「現況の断熱仕様」

現状の断熱仕様は以下の通りです。

主な断熱仕様

【断熱材】

屋根:グラスウール10K(t50mm)

  壁  :グラスウール10K(t50mm)充填断熱

  床  :グラスウール10K(t50mm)

【窓サッシ】

 枠 :アルミ製

ガラス:3mフロート

 【設備の仕様】

冷房:エアコン

暖房:灯油ファンヒーター

換気:第3種

給湯:エコキュート(改修により)

 

この当時は無断熱も多かったそうなので、

断熱材が入っているだけ最先端だったのかもしれません。

 

空調設備

空調設備は、「夏はエアコン」「冬はファンヒーター」という

この地区ではオーソドックスな組合せです。

 

給湯は、もともと”灯油焚きボイラー”でしたが、”エコキュート”へ改修されています。 

 

シミュレーション結果

下は、現況の仕様で解析ソフト「建物燃費ナビ」にかけた結果です。

f:id:c6amndbgr3:20190423100059p:plain

Q値が『4.3』と、現在の一般的な住宅の倍近くの性能です。

 

特に「窓、躯体からの熱の侵入が多いこと」「暖房エネルギーが大きい」ことが解ります。

 

 

続いて、光熱費をシミュレーションしていきます。

f:id:c6amndbgr3:20190423101554p:plain

光熱費をシミュレーションしてみると、年間54万円かかっていることが解りました。

なかでも、灯油だけで「約34万円」かかる結果です。

 

ここに注意!

このシミュレーション結果の注意点は、設定した温度を保つ場合の光熱費です。

寒くても暖房を付けずに我慢している場合等の、空調機器を停止している間のシミュレーションは反映されていません。

 

オーナーさんに、実際の年間光熱費を聞いてみると、だいたい40万円位だそうです。

(冬は、暖房費を抑える為に、ダウンジャケットを着込んでいるそうです。) 

 

ここがポイント!|暖房期の熱取得

下は、「冷房負荷」「暖房負荷」と「窓からの日射取得量・熱損失」のグラフです。

f:id:c6amndbgr3:20190424104627p:plain

ここで注目したいのは、「暖房期の窓からの日射取得量です。

 

窓の熱損失は大きい!

南面では、「日射取得量」と「損失量」が同じ。

他の面では、「日射取得量」よりも「損失量」が大きいことが解ります。

 

つまり、太陽熱の恩恵を受けていない住宅であるといえます。

 

シミュレーション「今の一般的な断熱仕様」

続いて、

この物件を最近の一般的な住宅断熱仕様に変えてシミュレーションしてみます。

 

変更点は以下の通りです。

断熱仕様の変更点 ※太字

【断熱材】

屋根:グラスウール16K(t100mm)

  壁  :グラスウール16K(t100mm)充填断熱

  床  :グラスウール16K(t100mm)

【窓サッシ】

 枠 :アルミ樹脂複合

ガラス:3/12/3 ペアガラス Low-E

 【設備の仕様】

冷房:エアコン

暖房:灯油ファンヒーター

換気:第3種

給湯:エコキュート(改修により)

 

こちらでシミュレーションしてみます。

f:id:c6amndbgr3:20190424104501p:plain

       【現況】   【改修後】

窓の熱損失 :217 W/K   →   97 W/K

壁の熱損失 :162 W/K   →   94 W/K

屋根の熱損失:  55 W/K   →   29 W/K

 へ向上しているのが解ります。

 

続いて光熱費のシミュレーションをしてみます。

f:id:c6amndbgr3:20190424104539p:plain

【現況】     【改修後】

543,520円 → 344,290円 (-199,230円)

となり、約20万円安くなっていることが解ります。

灯油の消費量も半分程度減りました。

 

10年で200万円

20年で400万円

30年で600万円

の差になりますので、断熱リフォームに効果があることが解ります。

 

f:id:c6amndbgr3:20190424104702j:plain

暖房期の窓からの「日射取得量」と「損失量」ですが、

全面で、「日射取得量」よりも「損失量」が小さくなりました。

 

 

シミュレーション「さらに断熱強化した場合」

さらに断熱仕様を強化した場合のシミュレーションをしてみます。

断熱仕様の変更点

【断熱材】

屋根:高性能グラスウール32K(t200mm)

  壁  :高性能グラスウール32K(t100mm)充填断熱

         +

   外部付加断熱ネオマフォーム(t50)

  床  :ネオマフォーム  (t100mm)

【窓サッシ】

 窓 :樹脂(YKKAP APW430)

 【設備の仕様】

冷房:エアコン

暖房:エアコン

換気:第1種(熱交換型換気扇)

給湯:エコキュート

  断熱仕様の変更に加えて、暖房をエアコンに変えて計算してみます。

 

f:id:c6amndbgr3:20190424104802p:plain

       【現況】   【改修後】

窓の熱損失 :217 W/K   →   68 W/K

壁の熱損失 :162 W/K   →   57 W/K

屋根の熱損失:  55 W/K   →   13 W/K

 へ向上しているのが解ります。

 

f:id:c6amndbgr3:20190424104826p:plain

【現況】     【改修後】

543,520円 → 204,560円 (-338,960円)

となり、約34万円安くなりました。

 

10年で   340万円

20年で   680万円

30年で1,020万円

の差がでることになります。

かなりの金額です。

 

f:id:c6amndbgr3:20190424104852j:plain

つづいて、暖房期の窓からの「日射取得量」と「損失量」をみてみます。

 

全面で、「日射取得量」よりも「損失量」がさらに小さくなりました。

 

断熱・窓ともにトップクラスの仕様ですので、これ以上の性能向上は難しそうです。

 

これ以上性能を良くしようとすると、プランから見直す必要がありあそうです。

 

 

シミュレーションをして分かったこと!

断熱改修(断熱リフォーム)効果があるけど、限界がある!

断熱改修は、光熱費削減に効果がありますが、一定のレベルで頭打ちになることが予想されます。

 

光熱費をさらに安くするには、太陽熱を利用するしかないと判断でき、

現在のプランでは、その効果を得るには限界がありそうです。 

 

やはり当初のプランがとても重要です。

 

新築工事で「耐震性能」「断熱性能」を重視する理由はここ!

「断熱性能」も「耐震性能」と同様にリフォームでは限界があります。

(できないことは無いが、相当お金がかかる)

 

これが、新築工事で「耐震性能」と「断熱性能」を進める理由です。

 

住んでからのコストも踏まえながら計画をすると、

理想の”家づくり”ができると思います。

 

是非ご検討されてみて下さい。

 

ARCHITECTURE ARCHIVEのお知らせ

建築技術者向けに、住環境に関する情報を発信しています。

是非、ご覧下さい。

 

 

 

 

★☆☆☆☆☆☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人 「まるたか」

 

↓「まるたか」について詳しくはこちらをご覧下さい。

このブログについて 「建築士の挑戦」

★「職人」から「建築士」へ 異色の経歴を持つ建築士

2018年10月に設計事務所「 Samurai-architect(サムライ-アーキテクト)」を開設

退職〜開業までの記録を綴った「起業の記録シリーズ」 を公開中。

「まるたかのブログ」にて実務以外の情報を発信中。

 

ブログ記事の更新はsamurai architectの「 Facebookページ」にてお知らせしていますのでフォローをお願いします。

 

【このブログの人気シリーズ】