建築士 まるたかのブログ .com

建築士をしている「まるたか」です。このブログは、アフィリエイト収益を目指して立ち上げたブログです。建築設計の案件数が減るこれからの、建築士の新しい収入源となるかを検証しています。

建築士の将来 未来は明るい!? 年齢分布から見る建築士の未来

 

少子高齢化や工事件数の現象など、暗いニュースが話題になっている建築設計業界ですが、ふと思う。

本当にそうかな??

 

今回は、建築士の未来について、年代分布の面から考えてみました。

 

建築士の登録者数と年代分布

登録者数

平成17年度末時点

一級建築士:322,248名

二級建築士:692,968名

木造建築士:  14,950名

一級建築士の年齢階層別登録数

20歳代 :約    2,000人

30歳代 :約  47,000人

40歳代 :約  66,000人

50歳代 :約101,000人

60歳以上:約106,000人

平均年齢 56.2

f:id:c6amndbgr3:20180214221746j:plain

グラフからみて解るように、50歳代〜60歳代以上が全体の64%を占めています。

20歳代〜30歳代は全体の30%程度です。

 

 つまり、あと10〜20年すると、一級建築士の2/3が60歳を越えることになります。20歳〜30歳代の稀少性が格段に高くなります。

 

 日本自体、少子高齢化社会へと向かっておりいわゆる「働く世代」が格段に少なくなります。高齢者ばかりに話題がいきがちですが、若者の希少価値は間違いなく上がります。(需要と供給のバランスで)

 

↓日本の人口減少に関する記事は、過去に書いていますので、合わせてご覧下さい。

c6amndbgr3.hatenadiary.jp

 社会全体の少子高齢化と、一級建築士の50歳以上の世代の引退というタイミング。

 

建設業界の規模は、90年代の90兆円から縮小傾向にありますが、世の中の流れ、とりわけテクノロジーの進化により、これまでにない受注方法も可能になるでしょう。

 新しい事例

気になった事例をかいた記事です。

是非ご覧下さい。

クラウドファンディングによる建築資金調達

c6amndbgr3.hatenadiary.jp

他分野とのコラボ企画

c6amndbgr3.hatenadiary.jp

 

結論

  1. 社会全体の少子高齢化と、一級建築士の50歳以上の世代の引退というタイミング。
  2. テクノロジーの進化
  3. 新しい取り組みが実現しやすい環境がある時代

建築士の未来は明るい(かなり)!!

 

建築士の皆様、一緒に頑張りましょう!

 

これからの建築士に必要だと思うこと

 今後間違いなく建築士の数は減り、希少性がでてきます。

但し、希少性だけでは他よりも抜き出ることは難しいと考えます。

そこで、いずれくるその時までに各自の「特徴」や「特技」・「他とは違う何か」を準備しておく必要があると考えます。

準備1 建築ビジュアラゼーション

準備1として、建築ビジュアライゼーションに取り組んでいます。

無料公開されている「Unreal Engine」というソフトを使用しています。

想像以上の綺麗さと簡単な操作性が特徴なソフトです。

最初に作成されたコンテンツを目の当たりにした時のおどろきわくわく感からすっかり魅せられてしましました。


【動画テスト】Unreal Engine4でレンダリング  2018.03.19

このソフトは、VR・ARのコンテンツ制作まで対応できようです。

見る人をあっと言わせるプレゼン資料ができることでしょう。

日々、業務への実装に向けて取り組んでいます。

是非、そちらの経過もご覧下さい。

www.arch-joho.com

www.arch-joho.com

準備2 異業種との連携

準備2として、異業種との連携を意識しながら仕事をしています。

 現在の建築業界は成熟期であると考えます。

建設着工数の減少からわかるように、従来の設計業務の枠組だけでは受注の幅が狭くなります。なので、新しい価値を生み出していくことが、建築設計に限らずあらゆる分野で必要になると考えます。

その為に、経営者の方々と交流を図る動きをしています。

今行っている取り組みは、経営者の方々にインタビューをさせて頂くというものです。

↓ それらの内容については、「成功者に学ぶシリーズ」をご覧下さい。

www.arch-joho.com

 

インタビューして良かった点は、

  1. 経営者の方達と交流・意見交換の機会がもてること。
  2. 異業種の仕組みや、設計業界の非常識を発見できたこと。

です。

その成果の一つとして、家具屋さんとのコラボ企画が始まりました。

その他のプロジェクトも少しづつ進んでいます。

形になりましたら、改めてご報告をしていきます。

 

このようなプロジェクトの輪がどんどん広がっていったら、建築士の技能を生かせる場が広がるし、ますます建築士の価値が上がっていくと信じています。

 

建築士の皆様、一緒に頑張りましょう!!

 

 

 

↓↓コチラもおすすめ↓↓

www.arch-memo.com

建築士の実務で勘違いしやすくて、知っていたら楽になる情報をまとめたブログです。 

日々更新しています。