建築士 まるたかのブログ .com

建築士をしている「まるたか」です。このブログは、アフィリエイト収益を目指して立ち上げたブログです。建築設計の案件数が減るこれからの、建築士の新しい収入源となるかを検証しています。

建築士の未来は明るい!? 年齢分布から見る建築士の未来 かなり明るいと思うのは私だけ??

 建築士の未来は明るい!? 建築士の未来を考える

f:id:c6amndbgr3:20181019165557p:plain

少子高齢化や工事件数の減少など、暗いニュースが飛び交うの建築設計業界ですが

ふと思います。  

本当にそうでしょうか??

 

私は、建築士の未来は明るい!と考えています。

 

とりわけ、若い建築士にとっては千載一遇の大チャンスがやってくると考えています。

しかも建築士って合コンでモテるらしいし・・。

 

これは、私の意気込みや精神論的な考えでは無く

関係省庁から発表されている公式データや実例を調べて導き出した答えです。 

 

調べる前は、

「建築士に将来性は無いだろう~」

と悲観的に考えていましたが、実際は違います。

 

私の調査によると、今後〜30年間で設計業界に変化をもたらす、大きな3つの事象(タイミング)が重なります。

 

それは、これまでの歴史上誰も経験していないことです。

 

その3つの事象(タイミング)が重なる今だからこそ、大きなチャンスがあるのです。

 

今回は「建築士の未来が明るい!」という根拠を一緒考えていきたいと思います。

f:id:c6amndbgr3:20181003013537j:plain

 

建築士の未来が明るいと思う3つの事象(タイミング)

【事象】建築士の年代構成が変わるタイミング

今後、建築士の希少性は上がると考えています。

 

「建築士の登録者数」と「年齢分布」をご覧下さい。

建築士の登録者数

平成17年度末時点

一級建築士:322,248名

二級建築士:692,968名

木造建築士:  14,950名

一級建築士の年齢階層別登録数

20歳代 :約    2,000人

30歳代 :約  47,000人

40歳代 :約  66,000人

50歳代 :約101,000人

60歳以上:約106,000人

平均年齢 56.2

f:id:c6amndbgr3:20180214221746j:plain

現在の一級建築士の年代分布は、

50歳代〜60歳代以上が全体の64%を占めています。

20歳代〜30歳代は全体の30%程度です。

 

つまり、あと10〜20年のうちに

一級建築士の2/3が60歳を越えることになります。

 

おのずと気力耐力ともに充実している20歳〜30歳代の稀少性が高くなることが予想されます。

 

日本全体が少子高齢化社会へと向かっており

「働く世代」が格段に減るので、高齢者の社会保障はどうするのか??

なんて高齢者目線の話題ばかりが先行していますが、それを逆手に考えれば若者の希少価値は間違いなく上がります。

 

未来については、この本が面白いですよ!

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)

 

 

建築士に限らず多くの企業が技術者確保に動き出しています。

厚生労働省の発表によると、平成30年7月時点の有効求人倍率は、1.63倍です。

f:id:c6amndbgr3:20181002232831p:plain

出典:https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000212893_00006.html

【事象】仕事が増えるタイミング

【社会的な要因で増える解体工事】

1960年代の高度経済成長に伴い、高層ビルや分譲マンション・学校・庁舎などの建設が相次ぎました。

これが「建設ラッシュ」です。

 

この「建設ラッシュ」に建てられた建物が老朽化する時代がまもなくやってきます。

平成24年に国土交通省から発表された「建設後50年以上経過する社会資本の割合」によると、解体対象となる物件が特に集中する年代は平成24年〜平成44年だそうです。

道路橋の例

平成24年3月:約16%

平成34年3月:約40%

平成44年3月:約65%

 

このデータは、道路橋の割合を示すものですが、

同年代にラッシュをむかえた建築物についても同様の割合と考えて差し支えないでしょう。

最近、もっぱら解体業関連の求人が多くみられる理由はここにあります。

 

つまり、「建築士が減っていく未来」と「解体案件等が増える」未来がバッティングしてできる、大きな市場を秘めているのです。

 

【事象】仕事が変わるタイミング 

建設業界の規模は、90年代の90兆円から縮小傾向にあります。

このデータだけを見ると仕事が無くなると考えるのが一般的でしょう。

 

しかし、世の中が変化する時に ” 仕事が変わる " ことは世の常であり、このデータだけでは判断できません。

 

1990年代初頭の例を挙げますと、

これまでの移動手段であった「馬」から「自動車」へ大きく変化した時代に「馬の世話人」「馬具販売」などの仕事が一気に減りました。

しかし、それ以上に自動車関連の仕事が増えたという歴史があります。

f:id:c6amndbgr3:20180928111042j:plain

出典:https://diamond.jp/articles/-/140484?page=3

このように、社会の変化(テクノロジーの発展)によって

「一部の仕事がなくなり新しい仕事が誕生すること」

「仕事が移り変わること」

は、歴史上正常な流れなのです。

 

建築設計で考えると、これまでの「新築設計案件」や「受注方法」から「違うなにか」に移り変わってゆくのでしょう。

 

 『違う何か」=「建築士の新しい仕事(受注方法)」を表しますが、その「違うなにか」が問題です。

【新しい受注の試み例】クラウドファンディングによる建設資金調達

「クラウドファンディング」の技術を利用した、新しい建築資金調達の試みが発表されました。

 

 

世界的に活躍する建築家「隈研吾」さんと、民間から初めて公立校の校長に就任された「藤原和博」さんのコラボ企画です。

([ふ]1-1)坂の上の坂 (ポプラ文庫 日本文学)  PLOT 06 隈研吾 

「一条高校 新講堂建設」の耐震改修を兼ねた改築事業ですが、

クラウドファンディングを利用して一般から工事用資金を募るプロジェクトです。

 

しかも、この一条高校は奈良市立の公立高校です。つまり公共工事です。

 

通常の公共工事の建設資金には税金が充てられますが、その流れを変える事例として大注目の案件です。 

↓クラウドファンディングによる建築資金調達の記事はこちら

 

「公共工事は公的資金(税金)で行政主導で行う」

という常識をぶっ壊すような革新的な試みですね。

 

クラファンで資金を集めて、設計提案するような建築士も今後出てくるでしょう!

【新しい受注の試み例】VR(バーチャルリアリティー)を活用した仕事

VR(バーチャルリアリティー)が一般的な技術として利用されるようになりました。

最新のiphoneもARアプリを実装してますし、今後世に広まることは間違いないでしょう。

 

そしてここ10年で「建築ビジュアライゼーション」という分野が注目されています。

 

建主がより空間を想像しやすいことから、新たなプレゼンツールとして注目されています。


【動画テスト】Unreal Engine4でレンダリング 


【シミュレーション例】茨城県W様邸

 

既にハウスメーカーでは、販促ツールとしても活用されています。

 

これは通信インフラが「4G」から「5G」へ移行する時代背景も後押ししています。

VRコンテンツのような大容量データの送受信が大幅に短縮されるので、今後間違いなく増える分野であると分析しています。

 

広告業界でも、動画コマーシャルに力を入れていますしね。

 (YoutubeのCM広告増えていますよね。)

 

「VRを活用して受注に繋げる建築士」

「VRコンテンツを作る建築士」

も活躍しそうです。

 

「2025年大阪万博」も建築士の未来を後押し

2025年に大阪万博が開催されることが決まりました。

 

「2020年の東京五輪が終わったら建築が終わる!!」

なんて言っている評論家の方もいらっしゃいましたが、決まった途端見解が変わっちゃいましたね。

 

とにかく、業界にとって明るい兆しです。

 

さいごに

最後に、これからの建築士の未来が明るい!という理由をまとめたいと思います。

1・建築士の年齢構成が変わるタイミング!

2・今後解体物件が増えることタイミング!

3・仕事が変わるタイミング!

 この3つのタイミングが重なり始める今こそ大チャンスだと私は考えています。

 

次にこのようなビッグチャンスが訪れるのは、何百年後かな〜?もう来ないかもな〜?

 

とにかく、今を一生懸命生きるのみです!!

 

 

伝説となっている先輩方も、このような社会の変化に直面し

今の私たちのように大いに悩んでいたのだと思います。

 ル・コルビュジエー建築・家具・人間・旅の全記録 (エクスナレッジムック)フランク・ロイド・ライト―建築は自然への捧げ物 (ミネルヴァ日本評伝選)丹下健三―一本の鉛筆から (人間の記録 (57))建築家 安藤忠雄

生きた時代によって社会情勢は異なりますが

その時代と真正面に向き合い、

新たな挑戦をし続けて、

自分の信じる道を歩んできたのだと思います。

 

その先輩方の姿勢からも、

”今を悲観することなく今を精一杯生きること”

が大切だと教えられているように感じます。

 

私は「建築士の未来は超ーーーっ明るい」と考えています。 

 

自分次第でどうにでもできるし、今後のチャンスを掴むのも自分次第でしょう。

 

建築設計に携わる人間として、皆様と一緒に建築業界を盛り上げていけたら嬉しい限りです。

 

今後も弊ブログをよろしくお願い致しますm(_ _)m 

 

TOPに戻る 「建築士 まるたかのブログ .com」 

 

 

★☆☆☆☆☆☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人

 

↓「まるたか」について詳しくはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

★「職人」から「建築士」へ 異色の経歴を持つ建築士

2018年10月に設計事務所「 Samurai-architect(サムライ-アーキテクト)」を開設

退職〜開業までの記録を綴った「起業の記録シリーズ」 を公開中。

「まるたかのブログ」にて実務以外の情報を発信中。

 

ブログ記事の更新はsamurai architectの「 Facebookページ」にてお知らせしていますのでフォローをお願いします。

  

私の紹介

私が特に力を入れている分野について紹介させて頂きます。

【事例1】UnrealEngineを使用した建築ビジュアライゼーション

これまでにない綺麗なモデルの中を、リアルタイムで観ていただくことが可能になる技術です。


【サンプル動画】UnrealEngine 「壁色変更」「自動ドア」「照明ON/OFF」

  

建築ビジュアライゼーションに関する記事はコチラです。 

【事例2】住宅の住環境向上の取り組み(パッシブデザイン)

ランニングコストが安いパッシブデザインは、施主にとってはメリットが多い技法です。

設計の付加価値、他業者との差別化として注目されていますが、「イニシャルコストのバランス」「設計の難易度」から、一般の設計者へ普及するにはもう少し時間がかかるかもしれません。

  

パッシブデザインについて調査したことをまとめていますので、興味のある方は是非ご覧下さい。↓↓

【メインページへ】住環境に関するシリーズ 記事まとめ